高知県広報紙 さんSUN高知 平成22年(2010)4月号 No.182 さんSUN高知 RSS
 
さんSUN高知4月号表紙  
 

今月の表紙

土佐の食vol.1 今月の一品ノレソレ・ドロメ

ドロメの写真 太平洋に面した高知県では、県魚のカツオをはじめ、新鮮でおいしい魚が数多くとれます。その中でも、ノレソレとドロメは海が近いことを実感させてくれる、高知ならではの食材です。どちらも高知で独特の呼び方ですが、ノレソレとは、アナゴ類の幼生の総称です。体長が5~6cmと細長く、半透明の平べったい形をしています。一方、ドロメは、イワシ類の稚魚で、体長は1~2cm。同じく半透明で銀色に輝く目が印象的です。ノレソレは、つるんとしたのどごしとほんのりとした甘味があり、ドロメは、口当たりの良いつぶつぶ感にわずかな苦味がうま味を引き立てます。どちらも新鮮さがおいしさの秘けつです。

 豊かな自然、気候風土に恵まれた高知県には、特色ある食材がそろっています。今年度の表紙では、その食材を使った土佐の料理や高知ならではの食文化をご紹介し、全国に誇る「高知の食」の魅力に迫ります。

食べ方のポイント

ノレソレ、ドロメとも、おいしい食べ方は、新鮮なものを生で食べること。ちり酢ともみじおろしで食べる方法もありますが、高知では、ゆずポン酢を使うご家庭も多いと思います。また、ニンニク葉の入った「ぬた」で食べるのも高知流です。

「ぬた」の作り方

1.ニンニク葉の青い部分20~30gを刻み、すり鉢で十分にする。

2.白みそ150g、砂糖30g、酢70cc、ゆず酢大さじ1を入れてすり、裏ごしすればできあがり。

 
 
  表紙へもどる 次のページへ
 
「さんSUN高知」に関する問い合せ TEL 088・823・9046
※この広報紙は、各市町村役場でもお渡ししています。
※県の広報紙の点字版・録音版をご希望の方は県庁障害保健福祉課(TEL 088・823・9634)へ
バックナンバー