さんSUN高知10月号ロゴ
 
県政ピックアップ1
子どもたちを守り育てるために
 児童虐待は、将来にわたって子どもの心と体に深い傷を与え、時には、尊い命が奪われる事件となるなど、大きな社会問題となっています。
 平成21年度の県内の児童相談所における児童虐待の対応件数は、155件です。過去最高を記録した平成20年度の184件は下回りましたが、子ども全体の数が減少している中、依然高い状況にあります。また、多くは小学生以下の幼い子どもが被害にあっている実態(全体の78・7%)があり、その加害者の約半数(49・7%)は実母です。
1
子どもたちを見守る大人たちのイラスト

児童虐待への対応

 県では、児童虐待を防止するため、児童相談所の体制を強化するとともに、市町村が設置する要保護児童対策地域協議会や、学校や民生委員・児童委員、警察など、子どもに関わる機関と連携して、児童虐待の早期発見、見守り活動などへの支援を行っています。

児童相談所では

平成21年4月に中央児童相談所に児童虐待対応チームを設置し、児童虐待への迅速・的確な対応に取り組んでいます。

虐待通告があった場合は、48時間以内に子どもの安全を確認します。状況によっては、保護者や子ども本人の同意がなくても一時保護を行います。

虐待されている子どもを必要に応じて、乳児院・児童養護施設への入所や里親委託などにより、子どもの安全・安心な生活を保障します。

2

「何か様子が変だ」「虐待かな?」と感じたら

 子どもたちからサインは出ていませんか?早期発見が子どもを救うことにつながります。あなたの周りにこのような子どもはいませんか?
例えば
泣いている子どもたちのイラスト

不自然な傷が多い。

身体、衣服がいつも汚れている。

子どもを大声で怒鳴る声、叩いたり物が壊れる音がする。

毎日のように子どもの泣き声がする。

 まずは、最寄りの市町村児童家庭相談窓口、または、児童相談所に連絡してください。連絡(相談)した人の名前などの情報は、固く守られます。


○問い合わせ 各市町村の児童家庭相談窓口
 県中央児童相談所 TEL 088・866・6791
 県幡多児童相談所 TEL 0880・34・3550

3
オレンジリボンマーク

高知オレンジリボンキャンペーン
2010開幕イベントのお知らせ

 11月の「児童虐待防止月間」にあわせて、児童虐待防止のシンボルであるオレンジリボンキャンペーンの開幕イベントとして講演会や街頭パレードを行います。

[演題] 「聞こえますか 心の叫びが」
[講師] 岩城 正光弁護士(NPO法人日本子どもの虐待防止民間ネットワーク理事長)
オレンジリボンマークを身につけた人たちのイラスト [日時] 10月31日(日)14時~16時(入場無料) 
[場所] 県立追手前高校芸術ホール

○問い合わせ 
 児童家庭支援センターわかくさ
 TEL 0880・33・0258
 
前のページへ 表紙へもどる 次のページへ
 
「さんSUN高知」に関する問い合わせ TEL 088・823・9046
※この広報紙は、各市町村役場でもお渡ししています。
※県の広報紙の点字版・録音版をご希望の方は県庁障害保健福祉課(TEL 088・823・9634)へ
バックナンバー