飛躍への挑戦!産業振興計画 このコーナーでは、各分野で熱意を持って活動に取り組む団体や人に、その「思い」をお聞きします。 ■ 株式会社三彩 代表取締役 鈴木 佐知代さん

自慢の不織布を使った美容シートやキッチンペーパーを開発

女性の視点を生かした新会社を設立

日本でもトップクラスの水質を誇る清流仁淀川の豊かな水環境に恵まれた土佐市では、伝統的に製紙業が盛んです。その土佐市で、オリジナル不織布を使った生活用品を企画販売しているのが㈱三彩です。  

「いきいきと活躍する女性に『美しい・きれい』をお届けするため、平成24年5月に女性スタッフだけの小さな会社『三彩』を立ち上げました。設立当初は販売先が少なく、商品も認知されていなかったのですが、成功事例を積み上げるうちに徐々に評価されるようになってきました」と語るのは、代表を務める鈴木さん。

 「三彩の商品開発の基本は、まずお客さまに喜んでいただくものを作ること。そして、自分自身がその商品のファンになって、より使いやすさを追求していくことです」と仕事への熱い思いを話してくれました。こうして、生活者の視点から「おいしく、楽しく、おもてなし」を実現するために生み出された商品は、調理や食材にこだわる方を中心に支持され始めました。

県主催のコンクールで大賞を受賞

三彩が開発したキッチンペーパー「りぐる不織布ロール 美活クッキング」が、平成25年度「高知家のいい物・おいしい物発見コンクール」で、非食品部門の大賞を受賞しました。

「商品には自信がありますが、私たちのような地方の小さな会社は、全国へ売り出していくための知名度も発信力も不足しています。コンクールに参加したことで色々な外商の機会を得ることができましたし、さらに大賞を受賞したことで商品のPRにもつなげることができました。今や全国区の人気イベントに成長した『よさこい祭り』のように、今後も高知発のいい物をどんどん全国に発信していきたい」と語る鈴木さん。これからも自慢の不織布を使って、全国の家庭へたくさんの笑顔を届けてくれそうです。

株式会社山彩 代表取締役 鈴木 沙知代さん
打ち合わせ中の様子
りぐる不織布ロール 美活クッキングの写真
問い合わせ
土佐市北地4517番地2 TEL 088・852・3866 FAX 088・852・3877 HP http://www.sansai-co.jp/
※「高知家のいい物・おいしい物発見コンクール」の入賞商品などについては、先月(12月号)のさんSUN高知か発見コンクールのホームページ(http://www.pref.kochi.lg.jp/~kensan/iimono/)をご覧ください。