高知県オープンデータ

オープンデータとは

オープンデータとは、行政機関が保有する公共データが、県民や企業などに利用されやすいよう、機械判読に適したデータ形式により、二次利用可能なルールで公開されること、またはそのように公開されたデータをいいます。

オープンデータは様々な利用方法による地域活性化が期待されていることから、高知県はオープンデータを推進していきます。

高知県オープンデータ利用規約

高知県オープンデータ利用規約[PDF:211KB]

高知県オープンデータ利用規約(以下「本規約」という。)は、 http://www.pref.kochi.lg.jp/opendata/以下のウェブページ(以下「本ウェブページ」という。)の利用に際しての規約です。

  • 本ウェブページは、高知県が公開しているオープンデータを取りまとめたものです。コンテンツの利用に当たっては、本規約に同意したものとみなします。
  • 本ウェブページにおいて公開するデータは、別に注釈があるものを除いて、クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンスのもとに提供されており、本規約を守れば誰でも自由に利用することができます。(クリエイティブ・コモンズ・ライセンスについては、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス日本のホームページをご覧ください。)
クリエイティブ・コモンズ表示(=CC-BY)

【クリエイティブ・コモンズ表示(=CC-BY)とは】
原作者のクレジット(氏名・作品タイトルなど)を表示することを主な条件とし、改変や営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いクリエイティブ・コモンズ・ライセンス