平成30年7月豪雨に伴う災害ボランティア活動に使用する車両の取扱いについて

公開日 2018年07月13日

平成30年7月豪雨に伴う災害ボランティア活動に使用する車両の取扱いについて

平成30年7月豪雨に伴う災害ボランティア活動(あらかじめ被災市区町村の災害ボランティアセンター等による確認を受けた活動に限ります。)に使用する車両に対しては、最寄りの都道府県又は市町村において「災害派遣等従事車両証明書」を交付します。
 高速道路等有料道路を出る際に本証明書を料金所にご提出いただくことによって、有料道路の通行料金について無料措置が講じられます。
 申請から交付までの流れは、次のとおりです。

期間

 平成30年7月12日から平成30年9月30日まで 

「証明書」発行までの流れ

(1) 被災市町村の災害ボランティアセンター等に対し、(様式)証明書発行に係るボランティア活動確認書により、「証明書」発行に係る災害ボランティア活動の確認を依頼してください。
 ※ (様式)証明書発行に係るボランティア活動確認書に申請者が必要事項を記入し、Faxで送信してください。
 ※ e-mailでの送信は受け付けられませんのでご注意ください。

 (様式)証明書発行に係るボランティア活動確認書[DOC:20KB]

 ※災害ボランティアセンターの開設状況につきまして、詳細は高知県社会福祉協議会のホームページからご確認ください。

高知県社会福祉協議会

高知県災害ボランティア活動支援本部のホームページ

(2) 災害ボランティアセンターでの確認後、文書が申請者に返信されます。

(3) 災害派遣等従事車両証明の申請書(様式1-1あるいは様式1-2)に、上記(2)で確認を受けた「(様式)証明書発行に係るボランティア活動確認書」を添付して、最寄りの都道府県又は市区町村役場に申請をしてください。
 ※ 申請に当たっては、「証明書」の必要枚数を記入していただきます。「証明書」は、車両1台につき1回の通行に1枚必要で、料金所ごとに必要となりますので、走行経路や交通事情等をご確認の上、正確な枚数を申請してください。 

申請書(様式1-1法人の場合)[DOC:18KB]

申請書(様式1-2個人の場合)[DOC:17KB]

(4) 市町村等が押印した災害派遣等従事車両証明書が発行されます(郵送又は手渡し)。

(5) 高速道路等有料道路の料金所で「証明書」をご提示いただくことにより、高速道路等有料道路の料金が無料になります。

※ 「証明書」によるETCレーン及びスマートICの利用はできません。入口では必ず通行券を受け取り、出口で通行券と「証明書」を提出してください。ただし、入口で料金精算を行っている場合には、入口で「証明書」を係員に渡してください。

 

「証明書」発行窓口

 災害ボランティアに使用する車両に対する「証明書」の県内の発行窓口は高知県又は市町村役場にお尋ねください。

  お問い合わせ先:危機管理部危機管理・防災課(TEL:088-823-9320)

 

本件に係る被災地府県のホームページ

岐阜県:平成30年7月豪雨災害に伴い被災者支援に使用する車両の有料道路無料措置について

京都府:平成30年7月豪雨に伴う災害救助のために使用する車両の取扱い/京都府ホームページ

大阪府:災害派遣等従事車両証明書の交付について【大阪府】

兵庫県:梅雨前線の影響に伴う大雨による被害等について

岡山県:平成30年7月豪雨に伴う災害ボランティア活動に使用する車両の取扱いについて - 岡山県ホームページ(県民生活交通課)

広島県:平成30年7月大雨による災害救助のために使用する車両の取扱いについて - 広島県ホームページ

山口県:防災危機管理課/防災・平成30年7月大雨による災害に伴う災害救助のために使用する車両の取扱いについて(終了のお知らせ)

     ※山口県の災害ボランティア募集は、平成30年8月6日で終了

愛媛県:平成30年7月豪雨による災害救助のために使用する車両の取扱いについて

 

連絡先

高知県 危機管理部 危機管理・防災課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 危機管理担当 088-823-9320
防災担当 088-823-9320
情報担当 088-823-9311
総務担当 088-823-9018
ファックス: 088-823-9253
メール: 010101@ken.pref.kochi.lg.jp