指定管理者制度

公開日 2017年05月02日

指定管理者制度とは

 指定管理者制度とは、文化施設や公園、体育館など、住民の福祉を増進する目的のために地方公共団体が設置した「公の施設」の管理について、民間事業者を含む地方公共団体が指定するもの(「指定管理者」)に管理を行ってもらう制度のことです。

 

指定管理者制度の導入状況

 指定管理者制度を導入している施設の一覧[PDF:64KB]

 平成29年4月1日現在で、指定管理者制度を導入している施設は36施設です。

 一覧では、指定管理者の選定状況(指定管理者名、応募者数)、指定期間、施設の利用者数、利用料金制導入の有無、担当課等をご覧になれます。

  これまでの指定状況[PDF:88KB]

 

※ 利用料金制とは、公の施設の使用料を指定管理者の収入として施設の運営費等に充てることができる制度です。
    施設の利用者が増えると、指定管理者の収入も増えるため、指定管理者の自主的な経営努力の発揮が期待され、また自治体及び指定管理者の会計事務の効率化が図られる等のメリットがあります。
   高知県では、多くの施設で利用料金制を導入しています。

 

指定管理者の募集情報

 現在、募集中の施設はありません。

 

今後3年間に募集を行う予定の施設

募集年度 施設名
平成29年度 人権啓発センター
森林研修センター(研修館)
月見山こどもの森
池公園
甲浦港海岸緑地公園
手結港海岸緑地公園
高知公園
平成30年度 県民文化ホール
春野総合運動公園
平成31年度

交通安全こどもセンター
県民体育館
武道館
弓道場
甫喜ヶ峰森林公園
森林研修センター(情報交流館)
室戸広域公園
土佐西南大規模公園(大方地区、佐賀地区)
土佐西南大規模公園(中村地区)
高知港係留施設等
香北青少年の家
高知青少年の家
青少年体育館

※ 募集開始時期は施設により前後しますが、通常、募集年度の8月頃です。

※ 指定開始日は、募集年度の翌年度4月1日です。

※ 現時点の予定であり、変更する場合があります。

 

高知県の指定管理者制度の運用について

事務処理の基本的な方針等を以下のとおり定めています。

公の施設の指定管理者制度に関する運用指針[PDF:228KB] 

指定管理者による適正な管理運営の確保に関する基本方針[PDF:237KB]

 別紙1「モニタリングシート」[XLSX:29KB] 

 別紙2「業務状況評価」[XLS:38KB]

指定管理者と締結する協定書の標準書式

指定管理者による公の施設の管理における暴力団排除措置要領

  関係条例等: 高知県暴力団排除条例[PDF:214KB]    高知県の事務及び事業における暴力団の排除規程[PDF:158KB]

 

指定管理者制度導入施設の管理運営状況

 

 毎年度終了後に指定管理者から事業報告書の提出を受けた後、施設の管理運営状況について速やかに評価を実施し、その結果を公表しています。

  平成27年度 業務状況評価

  平成26年度 業務状況評価

  平成25年度 業務状況評価

  平成24年度 業務状況評価

  平成23年度 業務状況評価

  平成22年度 業務状況評価

  平成21年度 業務状況評価

  平成20年度 業務状況評価

  平成19年度 業務状況評価

  平成18年度 業務状況評価

 

連絡先

高知県 総務部 行政管理課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 行政管理担当 088-823-9157
組織管理担当 088-823-9162
給与管理担当 088-823-9164
ファックス: 088-823-9251
メール: 110301@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード