令和2年度 あき総合病院 病院指標の公表

公開日 2021年09月30日

令和2年度 高知県立あき総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数qi01_age_series[TSV:34Bytes]
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 93 26 56 76 72 163 363 733 773 357
 当院は、高知県東部二次医療圏の県立病院として、地域密着型の総合病院を目指しています。平均年齢は71.8歳であり高齢者が多く入院しています。前年度と比べると30歳代の入院が増加傾向になっています。
 
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)qi02_clinical_departments_top5[TSV:7KB]
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 82 28.76 20.51 23.17 83.52  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 なし 52 15.29 13 5.77 80.69  
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病なし 22 14.64 10.76 13.64 74.41  
050130xx9900xx 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 20.5 17.23 18.75 86.25  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 15 14.33 10.51 0 83.53  
 内科では、平均年齢が79.2歳であり、約8割が自宅や施設からの緊急入院になります。例年、誤嚥性肺炎や尿路感染症の受け入れが多く、入院後腎疾患から感染を発症したり、併存症や他疾患発症から在院日数が長期化傾向ではありますが、定期的なカンファレンスを行い様々な専門職と病状把握や今後の方針、転院調整、在宅療養含めて家族や外部とも情報共有の連携をとりながら早期退院に向け取り組んでいます。また、嚥下機能の低下や再燃防止にも注意していきながら早期回復に向け、口腔ケアの活動やリハビリテーションの実施にあたっています。
 
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 - - 2.66 - -  
060050xx99000x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 8.65 - -  
060050xx99001x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - 16.2 - -  
060060xx9900xx 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 11.77 - -  
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) なし - - 3 - -  
 
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 155 3.03 3.07 0.65 72.46  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1/2あり 手術・処置等2なし 50 4.48 4.44 0 74.38  
050130xx9900xx 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 34 17.47 17.23 2.94 79.68  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 あり 手術・処置等1なし、1/3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 11.85 10.56 7.41 81.48  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 15.35 12.09 0 68.65  
 循環器内科では、平均年齢が76.7歳であり、心臓カテーテル検査、手術(経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術)目的の短期の予定入院が多くを占めています。高齢者が多い為、患者さんの負担にならないよう検査のみの場合は約3日で退院しています。また、心不全、房室ブロック、心筋梗塞の緊急入院も多く受け入れています。
 
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 13 21.23 18.61 7.69 69.85  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 13.3 - -  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 3.39 - -  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 なし - - 13 - -  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし - - 20.51 - -  
 呼吸器内科では、平均年齢が75.6歳であり、家庭からの間質性肺炎の受け入れが前年度と比べ約2倍増加しています。入院後は再燃や併存症での治療で回復に時間を要し長期化していますが、経過に注意し早期回復治療にあたっています。また、肺癌の化学療法目的や緩和ケアでの入院にも対応しています。
 
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 38 3.97 4.86 0 71.53  
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 18 2 2.74 0 76.78  
060040xx99x6xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等26あり 18 10.94 4.48 0 65.5  
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 17.5 13.41 7.14 75.21  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 11.43 9.08 14.29 75.36  
 外科では、平均年齢が73.0歳であり、鼠径ヘルニアや静脈静脈瘤に対しての手術目的の入院が多く治療後、早期退院しています。悪性腫瘍に対して、他病院での治療後転院する場合や、化学療法目的、緩和ケアでの入院にも対応しており、カンファレンスを充実させるなど、患者さんに寄り添った医療をおこなっています。
 
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.76 - -  
070395xx971xxx 壊死性筋膜炎 あり 手術・処置等1あり - - 60.73 - -  
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 あり 手術・処置等2なし - - 7.75 - -  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 あり 手術・処置等2なし - - 3.07 - -  
070010xx010xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし - - 5.39 - -  
 
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 13.29 15.64 25.00 76.33  
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 14.21 15.54 28.57 73.14  
010040x199x0xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) なし 手術・処置等2なし 12 18.25 22.35 75.00 76.5  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 9.68 - -  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 8.18 - -  
 脳神経外科では、平均年齢は73.9歳であり、脳卒中をはじめ硬膜下血腫や頭部外傷などの救急患者を多く受け入れています。脳卒中連携パスを利用し他医療機関と情報連携しています。治療後の多くは、東部医療圏内・外への療養病院へ転院しています。
 
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 103 33.59 25.09 74.76 82.77  
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) なし 51 28.1 18.81 41.18 80.88  
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 21 34.29 17.59 4.76 70.62  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 なし 手術・処置等2なし 20 28.25 19.06 70.00 85.1  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 あり 定義副傷病なし 18 14.06 5.18 0 66.22  
 整形外科では、平均年齢が74.8歳であり、前年度同様に転倒による股関節大腿近位骨折での緊急入院が多いです。入院後は、様々な専門職と定期的なカンファレンスを行い、在宅医療含めて、家族や転院先の医療機関、施設への受け入れなど外部とも情報共有をとりながら早期退院へ向けて取り組んでいます。コロナ禍という厳しい状況もありましたが前年度より在院日数が短縮しています。
 
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 10 10.3 9.45 0 35.2  
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 - - 9.45 - -  
120140xxxxxxxx 流産 - - 2.42 - -  
120150xx99xx0x 妊娠早期の出血 なし 定義副傷病なし - - 10.73 - -  
120170x199xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) なし - - 21.68 - -  
 産婦人科では、正常分娩での自費診療は集計対象外となっています。当院は、東部地域で唯一の分娩施設となります。高知大学医学部附属病院産婦人科と連携し、ハイリスク妊娠の早期発見につとめています。
 
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) なし 手術・処置等2なし 55 7.35 6.13 0 0  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) なし 手術・処置等2なし - - 11.19 - -  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 6.46 - -  
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 5.86 - -  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 10.51 - -  
 小児科では、新生児疾患(帝切児症候群、B群溶連菌感染母体より出生した新生児)が前年度同様多く入院しています。
 
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 なし 11 5.82 5.63 0 47.36  
030390xx99xxxx 顔面神経障害 なし 10 9.6 9.17 0 63.67  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - 8.81 - -  
030380xxxxxxxx 鼻出血 - - 5.37 - -  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 6.71 - -  
 耳鼻咽喉科では、平均年齢が56.9歳と比較的若年層の入院が多いです。他院からの紹介患者も多く、扁桃周囲膿瘍、扁桃炎、顔面神経麻痺などの疾患が多いです。
 
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 あり 重症度等両眼 46 6.11 4.95 2.17 76.46  
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 あり 重症度等片眼 38 4.63 2.76 2.63 75.68  
               
               
               
 眼科では、平均年齢が76.1歳であり、入院患者の多くは白内障の手術目的です。安芸医療圏以外の高齢者も多いです。
 
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 10 2 2.54 0 75.1  
11013xxx97xxxx 下部尿路疾患 その他の手術あり - - 9.91 - -  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 8.15 - -  
110290xx99x0xx 急性腎不全 なし 手術・処置等2なし - - 14.03 - -  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 なし - - 13 - -  
 泌尿器科では、平均年齢が79.5歳であり、9割は前立腺生検での入院となっています。透析も行っており、他疾患で入院中の患者さんにも対応しています。
 
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - - 12.87 - -  
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) なし 手術・処置等2なし - - 12.57 - -  
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病なし - - 10.76 - -  
               
               
 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数qi03_uicc_type[TSV:117Bytes]
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 4 1 10 12 6 1 8
大腸癌 4 4 9 26 6 7 1 8
乳癌 6 6 2 4 0 5 1 8
肺癌 0 0 0 0 5 5 1 6
肝癌 0 0 1 13 11 0 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

■胃癌
 主な診療科は、消化器内科、外科です。早期癌では内視鏡的手術、StageⅢ、Ⅳや再発に対しては化学療法を行います。外科的手術も行います。
■大腸癌
 主な診療科は消化器内科、外科です。治療は、外科的手術、StageⅢ、Ⅳや再発に対しては化学療法を行います。上皮内癌に対しては内視鏡的治療も実施しています。がんの初発においては、前年度に引き続き5大癌の中で、最も多い症例です。
■乳癌
 主な診療科は外科です。化学療法、外科的手術及び術後の内分泌療法を行っています。
■肺癌
 主な診療科は、呼吸器内科・外科です。検査では入院での気管支鏡検査を行っています。
 治療は胸腔鏡下手術、化学療法を行います。
■肝癌
 主な診療科は、消化器内科です。治療は主に術後の経過観察などを行っています。
 化学療法、TAEでの治療も行っています。
 
成人市中肺炎の重症度別患者数等qi04_com_acquired[TSV:84Bytes]
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 3 4 43.67
中等症 27 17.93 81.85
重症 10 18 86.1
超重症 2 15 77
不明 - - -
 市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を言い、一般的な肺炎は、肺実質における急性、感染性の炎症で細菌やウイルスが肺に感染することでおこります。年齢があがると、要介護度も高くなり、入院中に他疾患の併発や、合併症の悪化をおこす事もあり、重症化しやすくなります。前年度と比べると重症患者は減少傾向です。家庭からの入院に次いで施設からの入院も多く、男性が多い傾向にあります。早期回復にむけて多職種と連携しながら、在宅療養含めて外部とも情報共有をとり早期退院に向け取り組んでいます。
 
脳梗塞の患者数等qi05_ci_icd10[TSV:59Bytes]
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 95 21.12 77.51 35.79
その他 12 31.08 74.42 50.00
 80歳代の女性が多く、当院で治療を行った脳梗塞のうち、87.3%が発症日から3日以内に治療されています。前年度同様に、アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞、心原性脳塞栓の入院患者が多いです。脳卒中連携パスを使用し、地域連携機関との連携を図り、早期退院にあたっています。
 
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)qi06_ope_days_top5[TSV:4KB]
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) - - - - -  
K681 胆嚢外瘻造設術 - - - - -  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -  
 
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -  
               
               
               
               
 
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 37 1.76 2.97 0 75.46  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 28 3.71 12.71 14.29 82.25  
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 17 2.12 2.41 0 73.29  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -  
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -  
 狭心症、心筋梗塞での経皮的冠動脈ステント留置術を行っています。房室ブロックや洞不全症候群でのペースメーカー移植術は毎年増加傾向です。カテーテル治療は、心臓にメスを入れずに治療が行えるため、短期入院で身体の負担を少なくした治療となっています。
 
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -  
               
               
               
               
 
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 38 0.68 2.29 0 71.53  
K617-2 大伏在静脈抜去術 18 0 1 0 76.78  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 17 9.29 18.06 5.88 74.06  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 13 2.31 3.31 0 67.92  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 12 0.08 8.67 0 66.33  
 鼠径ヘルニア手術、下肢静脈瘤での大伏在静脈抜去術の予定入院が多く、入院後はクリニカルパスを使用し早期退院しています。悪性腫瘍(特にS状結腸癌)に対する手術は前年度より増加しています。平成30年3月に地域がん診療病院に指定され、地域のがん診療の中心的役割を担っており、悪性腫瘍による入院も増加しています。
 
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -  
K084 四肢切断術(上腕、前腕、手、大腿、下腿、足) - - - - -  
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -  
 
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -  
 
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 93 2.1 18.89 64.52 80.57  
K0462 骨折観血的手術(前腕) 36 4.25 11.53 2.78 69.  
K0811 人工骨頭挿入術(股)            
K080-31 肩腱板断裂手術(簡単)            
K0821 肩腱板断裂手術(簡単)            
 
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)qi07_dic_rate[TSV:299Bytes]
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一    
異なる    
180010 敗血症 同一    
異なる    
180035 その他の真菌感染症 同一    
異なる    
180040 手術・処置等の合併症 同一    
異なる    
 
更新履歴