地域がん診療連携拠点病院

外来治療室

外来治療室のご案内

 外来治療室は、「抗がん剤」(一般に言う抗がん剤や分子標的薬剤)による点滴治療を安全に投与する為の部門です。一般的には外来化学療法室と呼ばれます が、当院では「外来治療室」と命名しています。 近年「化学療法」は、手術療法・放射線療法と並ぶがん治療の3大柱となっています。以前は入院が必要で、辛い副作用が伴う治療というイメージが強い治療法 でした。身体への負担が少ない抗がん剤が開発された事や副作用のコントロールをする薬剤が進歩した事などから「化学療法」は外来へと移行しています。外来 で治療を受けることで、患者様のライフスタイルに合わせて日常生活を送る事ができ、仕事や趣味も楽しむ事ができます。当院では患者様に『安全と快適な環境 を提供する』事を目的として平成16年4月に「外来治療室」を開設しました。外来治療室には専任の薬剤師・看護師(がん化学療法看護認定看護師含む)が常勤 しており、お薬の説明や副作用の予防・対処などに関する情報をそれぞれの患者様に合わせて提供しています。患者様が長時間過ごされる外来治療室が少しでも癒 しの場となるよう、頑張って参りたいと思います。

治療の流れ

治療の流れ図

救急カート、モニター心電図、酸素・吸引器も設置し
緊急時に対応できる環境を整えています。

薬剤師による面談を行い、ご自宅での様子や体調を
伺い、副作用チェックを行っています。

外来治療ベッド 外来治療スタッフ

外来治療室の設備・少しでも快適に過ごして頂く為に…

 ○ゆっくりとお休みして頂きながら治療を受けられるように入院用ベッド(8床)とリクライニングチェアー(4床)
   をご用意しています。
 ○飲食はご自由です。治療に長時間掛かる方や昼食をまたぐ方は飲み物や食べ物をご持参下さい。
 ○ウォークマンなど持参しお好きな音楽を聴いて頂くことやDVDも持参していて頂くと、視聴することも出来ます。
    (イヤホンなどはご用意下さい。)
 ○限られたスペースで有りますが、ご家族も患者様のそばで過ごして頂けます。TVコーナーもあります。
 ○各種抗がん剤の副作用などについてパンフレットが有ります。お気軽にお声を掛けて下されば、
  随時ご説明させて頂きます。
 ○基本的には予約制となっていますが、診察時や治療準備時、予約患者様が多いい時など待ち時間が生じ、
  ご迷惑をおかけすることもあります。
 
  ご意見やご希望等がある時はお声を掛けて下さい。

化学療法レジメン

 レジメン一覧[PDF:5MB]

 当院で使用している化学療法のレジメンです。PDFファイルのしおり機能を使用すると、レジメン一覧が表示されます。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード