四国メーコー株式会社

公開日 2021年03月25日

親会社 株式会社クオリ 愛知県安城市福釜町河原18番地
本社 高知県宿毛市平田町戸内3386番地35
HP https://www.shikoku-meiko.co.jp/

金型から完成品出荷まで一貫して

どのような会社ですか?

環境に配慮したものづくり

太陽光パネル

当社は、「常に良い商品を創造し、顧客の信頼にこたえる」を理念とし、主にオフィスチェアとアミューズメントチェアの2種類を製造しています。

原料資材から金型の制作、各部の成形、加工、組み立てまで、全て一貫管理体制のもと、完成品を全国にお届けしています。

また、敷地内及び工場屋根には太陽光パネルを設置し、年間約250万kw(一般家庭約450世帯分)の発電を行っています。

製品においても、原料として再生可能な植物などの有機資源由来のバイオマスプラスチックを使用した製品づくりなど、環境に配慮したものづくりに積極的に取り組んでいます。

高知に進出した理由は?

地元の熱意ある誘致を受けて

工場外観

平成の初め頃、全国的にオフィス環境の改善に向けた意識が高揚しており、親会社が製造するオフィス用チェアの受注量が急拡大していました。

生産が受注に追いつかず、生産設備の増設の必要性が高まっていましたが、当時の愛知県では人材確保も容易ではありませんでした。

そのような時に、高知県出身の方からの紹介を受けて宿毛市を訪れ、地元からの熱心なお誘いもあり、高知西南中核工業団地への進出を決定しました。

どのような仕事ですか?

異業種への挑戦も

オフィス用チェア

当社の業務は、大きく分けると設計、金型、加工、組立ての4部門です。

設計部門は、CAD/CAMというソフトを使って専用金型の設計を行い、その設計に基づいて金型部門で金型の作成をしています。

加工部門はパイプ加工、プレス加工、溶接加工、裁断・縫製加工、張り加工という工程に分かれており、これらの工程を経て組み立て部門で製品の完成となります。

また金型部門では、当社チェア製品の金型に留まらず、異業種への参入として積極的に他社からの受注にも対応しています。

グラファイト加工機や高性能マシニングセンタなど最新の機械を使い、精度の高い加工を実現しています。併設する樹脂成形工場には、10台の射出成型機があり、プラスチック製品の量産にも対応しています。

アピールポイントは?

ロボット

当社の業務では、ロボットが担当する工程もありますが、その多くに人の手が携わっています。

特に、金型工場は2019年に新設したばかりで、従業員の平均年齢も若く、皆が試行錯誤しながら技術研鑽していますので、業務経験の無い方でも一緒に経験を積んでいくことができます。

もちろん人によって得手不得手もありますので、色々な工程を経験していただき、相談の上で適性のある部署へ異動していただくことも可能です。

お話しを伺った方

四国メーコー株式会社
代表取締役社長 加藤 一徳さん

企業データ
設立 1991年
資本金 1,000万円
従業員数 49名
職種 製造、設計、事務
雇用形態 正社員
給与 当社規定による
勤務時間 8:00~17:00
休日 115日
ゴールデンウィーク、夏季、年末年始、年次有給休暇、育児休暇、介護休暇
ホームページURL https://www.shikoku-meiko.co.jp/