高知県の紹介

はりまや橋

よさこい節

「土佐の高知のはりまや橋で坊さんかんざし買うを見た」とよさこい節に唄われたはりまや橋は、高知市東部にある五台山竹林寺の僧「純信」と、いかけ屋の娘「お馬」の恋物語の舞台となったところです。
現在は親水公園として生まれ変わり、観光のシンボルになっています。

はりまや橋の写真

純信とお馬の恋物語

はりまや橋の写真2

時代は幕末、竹林寺の僧「純信」が規律を破り、はりまや橋の小間物屋で、思いをよせていた「お馬」にかんざしを買ったことがうわさとなり、他国へ駆け落ちしましたが、すぐ土佐へ連れ戻されました。
その後二人は引き裂かれ、悲しい運命をたどります。
現在土佐で唄われている「よさこい節」は、昔から歌い継がれてきた土佐の民謡よさこい節にこの恋物語を組み込んだものです。