高知県の紹介

まんが王国

まんが文化

横山隆一ギャラリーの写真

高知県は、「フクちゃん」の横山隆一氏をはじめ、「アンパンマン」のやなせたかし氏、岩本久則氏、はらたいら氏、青柳祐介氏、くさか里樹氏など他にも多くの漫画家を輩出しています。

この「まんが」をひとつの文化ととらえ、イベントなどを通し、さらなる発展を目指しています。

まんが王国・土佐ポータルサイトはこちら 】

 

まんが甲子園(全国高等学校漫画選手権大会)

まんが甲子園の写真

国内外の高校生が競い合い「まんがチームNo.1」を決めるユニークな大会。平成4年度から始まったこの一大イベントは、厳しい予選審査を突破した30校が、8月上旬に開催される本選大会に出場し、第1次競技、敗者復活戦、決勝戦ごとに出題されるテーマに沿ったまんが作品を仕上げ、プロの漫画家が審査する仕組みになっています。近年は、韓国、シンガポール、台湾の海外校も参加する国際色のある大会となっています。毎年高校球児ならぬ高校ペン児が、最優秀賞を目指した熱い戦いを繰り広げています。

主催=高知県、まんが王国・土佐推進協議会
Tel:088-823-9711

全国漫画家大会議

大会議

毎年3月初旬、全国から著名な漫画家が「まんが王国・土佐」に集結し、トークショーやサイン会など、まんがに関連するイベントを多数開催します。プロの漫画家にまんがの描き方を教えてもらえる「まんが教室」や「まんが大学」などの体験イベントもあり、子どもから大人まで楽しめます。

主催=高知県、まんが王国・土佐推進協議会

高知まんがBASE(まんが王国・土佐情報発信拠点)

令和2年4月に「まんが王国・土佐」としての蓄積された資料や情報を発信する基地として誕生しました。 高知のまんが文化の歴史紹介や出身漫画家のこだわりのアイテム展示、「まんが王国・土佐」にゆかりのある漫画家による寄せ書きやサインの数々をご覧いただけます。 また、多数収蔵されたまんが雑誌・単行本を読む事ができたり、まんが甲子園の資料や作品展示、作画を体験できるブースもあります。また、スマートフォンのARアプリを使ってキャラクターと記念撮影もできます。 まんが好きや漫画家を志すみんなが集える多目的な「まんがルーム」もあり、まんがと出会い、楽しみ、集い、学ぶ、まんが文化の皿鉢(さわち)料理のような施設となっています。

高知まんがBASEホームページ
開館日時:月、水、金曜日 13時~19時、土・日曜日、祝日10時~17時
所在=高知市丸ノ内1-1-10(高知県立公文書館内)
TEL:088-855-5390

 
 
 

香美市立やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム

アンパンマンミュージアムの写真

香美市香北町出身の漫画家やなせたかしさんが描く、アンパンマンの夢と冒険のミュージアム。入口では、アンパンマンとその仲間の石像が元気に迎えてくれます。人気絵本「アンパンマン」の原画の展示のほか、アンパンマンの住んでいる世界がのぞける「アンパンマンワールド」、「アンパンマン」のビデオを上映する「アンパンマンシアター」など盛りだくさん。近くには心に響く作品が並ぶ「詩とメルヘン絵本館」があります。詩と絵とまんがを愛するやなせたかしさんの心にふれることができます。

所在=香美市香北町美良布1224番地2
「アンパンマンミュージアム」Tel:0887-59-2300 「詩とメルヘン絵本館」Tel:0887-57-1435

横山隆一記念まんが館

横山隆一記念まんが館の写真

日本の現代まんがの創始者のひとりで「フクちゃん」で親しまれた横山隆一氏の生涯や作品を多彩な資料で紹介。そのユーモアあふれる人柄と人生、昭和のまんが史を楽しみながら知ることができます。また、高知県出身の漫画家を紹介するコーナーや、入場無料のまんがライブラリーなどを備え、まんが文化発展の拠点として活動しています。

所在=高知市九反田2番1(高知市文化プラザかるぽーと)内
Tel:088-883-5029

連絡先

高知県 文化生活スポーツ部 まんが王国土佐推進課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内一丁目2番20号(本庁舎5階)
電話: 088-823-9711
ファックス: 088-823-9296
メール: 141701@ken.pref.kochi.lg.jp