各種教室と活動

エコチル

エコチル調査とは   

エコチル調査とは、環境省が主体となって実施している「子どもの健康と環境に関する全国調査」の愛称です。

環境中の化学物質による子どもの健康への影響を明らかにするため、赤ちゃんがお母さんのお腹にいるころから13歳になるまでの健康状態を確認しています。

全国15か所の拠点で、10万組を超える親子が参加している壮大な調査で、四国では高知県が唯一の拠点となっており、

約7000組の親子が調査に協力してくださっています。

 

2014年10月からは、エコチル調査の全国の参加者10万人のうち、5000人を対象に詳細調査を行っています。

高知県では約340人の参加者にご協力をいただいています。

 

現在、詳細調査では医師による診察や採血を実施しています。

また、2019年7月より学童期検査及び追加調査を行います。これはエコチル調査に参加している

8歳となる小学2年生すべてを対象に実施する検査で、身体測定や発達検査を行います。

幡多地区の詳細調査、学童期検査及び追加調査は『幡多けんみん病院』で行います。

 

地球の未来の子どもたちのため、高知でつづけるエコチル調査。

エコチル調査の結果から、子どもの健康や成長に影響を与える環境要因を明らかにし、子どもたちが健やかに成長できる

環境の実現を目指していきます。
 

※エコチル調査はお子さまが13歳になるまで継続中ですが、参加募集は終了しております。 

調査の進捗につきましては下記リンク先よりホームページでご確認ください。

 

 こうちエコチル調査に関するお問い合わせ

〒780-8505 高知県南国市岡豊町小蓮

高知大学医学部内 エコチル調査 高知ユニットセンター

TEL 088-880-2173(平日の9:00~17:00)

こうちエコチル調査ホームページ リンク http://kochi-ecochil.jp/

 

エコチル調査に関するお問い合わせ<全国>

エコチル調査コールセンター

0120-53-5252(フリーダイヤル年中無休9:00~21:00)

エコチル調査ホームページ リンク http://www.env.go.jp/chemi/ceh/index.html

 

ちょるるん
こうちエコチル調査
独立行政法人国立環境研究所
高知大学