各種教室と活動

感染管理室

感染管理室

感染管理室は、2010年4月に新設されました。
感染管理専従看護師が常駐し、感染管理専任医師、薬剤師、臨床検査技師、臨床工学技士、事務の7人の構成メンバーで、院内の感染対策に取り組んでいます。

感染管理とは

患者さん、ご家族、病院職員、訪問者など、幡多けんみん病院に関わる全ての人々を無用な感染から守るために行う活動です。
患者さんや病院職員にどのような感染管理上の問題が存在し、どのような対策が必要であるかを明らかにすることが活動の中心であり、組織横断的に活動しています。

主な活動内容

○院内の感染発生率を知るための病院感染サーベイランス
○院内巡回による感染対策の現状把握や改善のための介入
○患者さんの適切な療養環境の推進
○職員教育の企画・開催
○職業感染予防のためのワクチン接種推進
○感染対策マニュアルの作成・改訂
○院内外からのコンサルテーションに対し、問題解決へ向けての回答や調整
○地域連携