地域がん診療連携拠点病院

がんの地域連携パス

 がんの地域連携パスは、がん診療連携拠点病院等でがん患者さんが手術などの治療を受けた後、かかりつけ医と共同してその後の診療継続をする場合に、連携元医療機関(がん診療連携拠点病院またはこれに準ずる病院)と、かかりつけ医としての連携先医療機関(一般病院および診療所)が、患者さんの診療計画、検査結果、治療経過を共有して、切れ目のないがん診療を継続するためのツールです。5年先までの診療の計画を立てたものを、一冊の手帳にまとめています。

 これを利用することで、患者さんは自分の病気や診療計画を理解し、かかりつけ医のもとでがん診療を受けることができます。かかりつけ医では診療計画に基づき、分担してがんの診療を行い、連携元医療機関にその報告を行い、併存疾患を含めた診療を患者さんに対して行うことで、安心・安全で、手厚い診療を提供することができます。

【胃がん】

 胃がん地域連携パス[XLS:48KB]

 胃がん術後観察手帳[PDF:3MB]

【大腸がん】

 大腸がん地域連携パス[XLS:46KB]

  大腸がん術後観察手帳[PDF:3MB]