診療実績

高知県立幡多けんみん病院 病院指標

令和元年度 高知県立幡多けんみん病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 663 91 75 130 238 334 847 1387 1255 379
当院は、幡多地域の中核病院として、他の医療機関や介護施設等との連携のもと、地域で完結できる医療の提供を目指しています。
幡多地域の年齢構成については、高齢の入院患者さんが多く、当院の入院患者さんの年齢層も70代以上が多くを占めています。
一方で周産期医療にも力をいれているため、新生児・乳幼児も比較的多く扱っていることがわかります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


DPCコードの最初の6桁が疾患分類となっており、10桁目からの2桁が手術分類となっております。
 

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 47 16.36 12.58 12.77 75.06  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 22.48 20.84 34.48 82.14  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 15 14.20 15.17 13.33 84.53  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 14 17.71 19.29 7.14 78.64  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 12 10.83 14.62 25.00 73.00  
腎臓または尿路の感染症(110310)に分類される急性尿細管間質性腎炎と尿路感染症が47件となっています。
また誤嚥性肺炎という細菌が唾液や胃液とともに肺に流れ込んで生じる肺炎が29件となっています。
なお市中肺炎については、28年度からCCPマトリックスという重症度評価が導入され、分類が細分化された結果、件数が減っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 104 7.38 9.79 9.62 75.99 消化器
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 45 10.02 8.27 2.22 76.89  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 7.46 8.89 2.56 70.36  
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 10.07 10.25 3.70 73.67  
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 26 3.58 2.63 3.85 67.46  
胆管結石、胆のう炎を伴わない胆管炎等で手術を行った症例が104件と最も多くなり、主要な手術は、内視鏡的乳頭切開術、内視鏡的胆道ステント留置術となっています。 なお胆のう結石については別の分類(060335)となります。
次いで胃がんに対する内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術を行った症例が45件となっております。

※ 患者さんへの治療内容の説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 129 3.41 3.01 2.33 70.47 循環器
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 12.47 10.80 8.82 80.53  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 60 5.87 4.40 0.00 71.15  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 47 24.87 17.71 21.28 83.91  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 12.70 12.37 8.11 73.19  
狭心症に対する心臓カテーテル検査が129件、冠動脈形成術が60件です。
また、心不全は47件で、平均年齢約80歳と極めて高齢化が進んでいます。心不全に対しては、多職種による心不全サポートチームが中心となって、マネージメントしています。

※ 心臓カテーテル検査・治療に関する説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 143 6.49 6.19 0.00 0.86 小児科
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 79 6.03 6.17 0.00 0.00  
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 59 4.64 5.39 0.00 3.64  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 6.50 5.69 0.00 2.28  
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 31 5.58 5.73 0.00 3.16  
急性気管支炎が143件と多くなっております。次いで妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(140010)に分類されるものとしては、帝王切開で生まれた新生児に呼吸障害などの合併症が発症している疾患が79件となっております。
なお肺炎については、28年度からCCPマトリックスという重症度評価が導入され、分類(040090)とは別の分類となりました。

※ 患者さんへの治療内容の説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 47 4.36 4.85 0.00 70.70 外科
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 5.51 7.13 4.88 66.00  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 13.40 15.02 10.00 77.47  
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 13.92 16.12 12.50 72.96  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 23 3.83 5.45 0.00 34.09  
鼠径ヘルニア手術を実施した症例が47件と最も多く、次いで胆のう水腫、胆のう炎の疾患に対して腹腔鏡下胆のう摘出術を実施した症例が41件となっています。
胃や結腸など腹腔鏡を用いた手術が増加し、在院日数が短縮しています。

※ 患者さんへの治療内容の説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 193 20.90 25.94 90.67 84.67 整形
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 57 11.25 19.40 73.68 80.84  
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 29 8.72 5.54 13.79 58.10  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 27 18.85 23.56 48.15 76.89  
160990xx97x0xx 多部位外傷 手術あり 手術・処置等2 なし 21 20.10 17.20 66.67 65.62  
大腿骨頚部骨折で手術を行った症例が193件と最も多く、主要な手術は、骨折観血的手術、人工骨頭挿入術となっています。
次いで、胸椎、腰椎以下骨折損傷で保存的治療例が57件となっております。
整形外科は、転院率が非常に高く、地域連携パスを用いた連携医療機関との連携を積極的に推進しているためです。急性期治療を当院で行い、地域の回復期・維持期の病院で機能障害に対するリハビリテーションを行う流れとなっています。

※ 患者さんへの治療内容の説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 41 15.24 16.13 21.95 73.05 脳外
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 9.09 9.67 18.75 77.59  
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 30 18.43 19.66 63.33 76.60  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 4.20 7.10 20.00 68.28  
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 17.20 18.81 36.00 64.60  
脳梗塞(010060)が41件と最も多く、全てエダラボンを使用した症例となります。
なお脳梗塞については、28年度からCCPマトリックスという重症度評価が導入され、分類が細分化されたため、件数が減っています。
また、転院率が非常に高くなっており、これは地域連携パスを用いた連携医療機関との連携を積極的に推進しているためです。急性期治療を当院で行い、地域の回復期・維持期の病院で機能障害に対するリハビリテーションを行う流れとなっています。

※ 患者さんへの治療内容の説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 21 7.71 7.90 4.76 83.52 皮膚科
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.01 - -  
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし - - 12.55 - -  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.00 - -  
080245xx97xxxx 放射線皮膚障害 手術あり - - 7.24 - -  
皮膚の悪性腫瘍に対する手術が21件と最も多くなっております。

※ 患者さんへの治療内容の説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 64 2.25 2.49 0.00 72.11 泌尿器
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 36 6.25 7.07 2.78 74.11  
110070xx99x21x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 あり 10 20.90 20.94 0.00 70.20  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 10 11.10 12.58 10.00 71.10  
110080xx991x1x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 あり 10 2.00 4.20 0.00 74.20  
前立腺がんの確定診断のための前立腺生検が64件と最も多く、次いで、膀胱の悪性腫瘍に対する手術が36件となっております。

※ 患者さんへの治療内容の説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 24 11.92 9.71 0.00 48.75 産婦人科
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 16 6.63 6.21 0.00 45.81  
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 14 11.36 8.65 0.00 69.86  
120010xx99x71x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 あり 14 5.86 8.91 0.00 58.93  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 13 10.77 12.29 0.00 56.00  
子宮の良性腫瘍に伴う卵巣部分切除術が24件となっております。
VTコルポという性器脱に対する膣式子宮全摘術+膣壁形成術が14件となっています。
なお、正常分娩で自費にて入院したが、帝王切開となり医科保険に切り替えた場合は、集計の対象に含まれておりません。

※ 患者さんへの治療内容の説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 13 3.31 5.01 7.69 66.54 耳鼻科
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 11 6.73 6.80 9.09 57.36  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - 7.80 - -  
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1 なし - - 8.26 - -  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.45 - -  
メニエール病や良性発作性めまい等が13件と最も多く、次いで、慢性副鼻腔炎が21件となっております。

※ 患者さんへの治療内容の説明はクリニカルパスを用いて行っており、詳細は患者用パスのリンクをご参照ください。
※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 49 - 11 36 10 - 1 7
大腸癌 30 23 22 73 12 - 1 7
乳癌 20 24 - - - - 1 7
肺癌     - 16 - - 1 7
肝癌 - 23 15 - - 12 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、専門的ながん医療の提供、緩和ケアの充実、がん患者・家族等に対する相談支援、在宅医療の支援、がんに関する各種情報の収集・提供等の取り組みを行い、地域におけるがん医療の充実に努めています。
幡多地域には緩和ケア病棟保有の施設はありません。当院は切除不能なステージⅣや再発した症例についても化学療法や放射線治療、緩和ケアに積極的に取り組んでいます。

※ 平成31年4月1日から令和2年3月31日までに退院した患者を対象としています。
※ 集計期間内に入退院を繰り返した場合は、繰り返した分だけ延べ患者数として集計しています。
※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
※ 病期分類が不明のものについては、DPCデータが退院時点の分類となっており、病理結果が退院後明らかになったもの等については、診療情報管理室で医師に確認のうえ、がん登録の台帳に登録し、全国がん登録制度にデータを提出しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 56 16.66 80.98
重症 12 15.83 82.83
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、通常の社会生活を送っている人が医療機関以外の場所で感染することで起きる肺炎です。
DPCでは、市中肺炎の重症度分類にA-DROPを用いており、年齢、BUN、SpO2、意識障害、血圧の5項目で評価するものです。A-DROPは日本呼吸器学会の成人市中肺炎診療ガイドラインとなっており、重症度が高いほど入院加療が必要となります。
当院の重症度分類別患者数では、中等症が56件と多くなっており、また平均年齢が約80歳と年齢層が高くなっています。

※ 20歳以上の症例を集計対象としています。
※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 194 21.98 77.49 49.29
その他 17 10.53 78.24 2.84
脳梗塞とは、脳卒中の一種で、脳動脈に血栓などが詰まって血流を止めてしまうため、脳細胞が壊死する疾患です。
なお、脳梗塞後遺症は、別の分類となりますので、表のデータには含まれていません。
また、転院率が非常に高くなっており、これは地域連携パスを用いた連携医療機関との連携を積極的に推進しているためです。急性期治療を当院で行い、地域の回復期・維持期の病院で機能障害に対するリハビリテーションを行う流れとなっています。
診療科別主要手術別患者数等ファイルをダウンロード
消化器内科


Kコードとは診療報酬請求する際に定められている医科点数表に掲載されている手術分類です。
 

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 等 55 0.78 7.85 7.27 73.16  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 45 1.04 7.91 2.22 76.98  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 31 1.84 12.55 19.35 79.03  
K6872 内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴うもの 等 28 0.61 5.14 10.71 75.86  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 28 0.39 2.14 0.00 68.61  
内視鏡乳頭切開術については、乳頭括約筋切開のみのものが55件となっており、胆道砕石術を実施したものを含めると83件となります。
循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 57 3.23 5.35 5.26 73.77  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 38 3.53 4.26 2.63 77.53  
K596 体外ペースメーキング術 28 0.57 14.64 17.86 80.11  
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 26 4.08 8.19 3.85 80.38  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 20 0.00 16.35 10.00 72.65  
冠動脈ステント留置術は、医科点数表では、急性心筋梗塞に対するものが診療報酬も高く設定されており、症状発現後12時間以内に来院し、来院からバルーンカテーテルによる責任病変の再開通までの時間(door to balloon time)が90分以内であることや、症状発現後36時間以内に来院し、心原性ショック(Killip分類classⅣ)であることなどいくつかの条件を満たした場合に算定可能となります。当院では、K5491(20件)が該当します。それ以外は不安定狭心症やその他のものに分類されます。
小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 19 1.68 5.58 0.00 1.21  
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 14 0.00 25.07 0.00 0.00  
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -  
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -  
K626-2 リンパ節膿瘍切開術 - - - - -  
新生児仮死とは、出生時に呼吸不全に陥った病態です。仮死第1度のものは、アプガースコアによって評価され、4~6点のものが該当します。

※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 0.91 4.59 4.55 64.83  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 42 0.95 2.43 0.00 70.95  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 34 3.41 11.12 11.76 75.44  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 23 0.17 2.65 0.00 34.09  
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術 切除術 等 15 3.20 11.47 20.00 70.73  
腹腔鏡下で実施する胆のう切除術が66件、鼠径ヘルニア手術は42件となっており、腹腔鏡下での結腸切除術、胃切除術が増加しています。
整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等 155 2.32 17.47 85.81 82.97  
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 等 63 4.13 17.59 90.48 84.03  
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 等 56 1.52 16.93 53.57 74.48  
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 26 1.88 9.88 34.62 61.42  
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 等 25 2.56 15.72 56.00 61.76  
骨折観血的手術は肩甲骨、上腕、大腿等の部位に対して行った手術が155件と最も多くなっており、次いで人工関節置換術が63件となっています。整形外科の手術の術前日数が約2日と非常に短く、早期リハビリテーション、早期退院できるように努めています。
脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 0.94 10.78 25.00 80.44  
K1781 脳血管内手術 1箇所 16 1.63 22.19 37.50 67.25  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの 12 0.25 26.25 91.67 73.75  
K178-4 経皮的脳血栓回収術 12 0.08 28.25 66.67 79.58  
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -  
慢性硬膜下血腫とは、外傷などにより、数週間から数か月後に血腫によって脳が圧迫され頭痛や運動麻痺や認知障害などが発生する病態です。治療は穿頭して洗浄しドレナージを行います。

※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 等 27 0.00 6.15 3.70 82.70  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 - - - - -  
K0022 デブリードマン 100平方センチメートル以上3,000平方センチメートル未満 等 - - - - -  
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 - - - - -  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上12センチメートル未満 - - - - -  
皮膚の悪性腫瘍に対する手術が27件と最も多くなっております。

※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 37 1.00 4.35 2.70 73.78  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 13 1.54 7.77 23.08 62.92  
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの - - - - -  
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等 - - - - -  
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 - - - - -  
膀胱がんに対する手術症例が37件となっています。

※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 33 0.97 9.00 0.00 51.30  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 19 1.05 4.47 0.00 43.63  
K8654 子宮脱手術 腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式) 13 1.00 9.31 0.00 70.15  
K9062 子宮頸管縫縮術 シロッカー法又はラッシュ法 等 12 1.92 13.67 0.00 32.58  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 12 1.00 3.58 0.00 38.00  
子宮全摘術が33件と最も多く、子宮付属器腫瘍摘出術で腹腔鏡下で実施したものが19件となっています。
 
耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 等 17 1.00 9.59 0.00 18.29  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -  
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) - - - - -  
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの - - - - -  
K386 気管切開術 - - - - -  
扁桃肥大や慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃手術が17件となっております。

※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 16 0.30
180010 敗血症 同一 18 0.33
異なる 16 0.30
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 0.61
異なる - -
播種性血管内凝固症候群とは、感染症や悪性腫瘍などの原疾患によりトロンビンの異常産生が起こり、全身の血管内フィブリン沈着である血栓と出血を伴う状態です。小さな血栓が全身の血管に発生して、血管を詰まらせる重篤な疾患です。
敗血症とは、細菌などの感染症が原因で炎症を起こし、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。
手術・処置等の合併症については、33件となっており、内訳については、出血、透析シャント閉塞、吻合部狭窄、人工関節脱臼、感染症などになっています。術後の合併症については、手術前の説明・同意書にて患者さんに説明を行っております。

※ 入院契機とは入院時の診断名が退院時の診断名と同じ場合に「同一」、異なる場合に「異なる」となります。
※ 10症例未満は個人情報保護のため、「-」で表示しています。
更新履歴
2020.9.30
令和元年度「病院情報の公表」を新規作成