診療科のご案内

麻酔科

医師紹介

鈴木 俊輔 すずきしゅんすけ

医者のアイコン男

▼役職等
 
麻酔科部長
▼所属学会等
 
日本麻酔科学会認定医
 日本集中治療医学会
 日本東洋医学会
 

山中 大樹 やまなかだいき

山中 大樹

役職等
 副医長

▼所属学会等
 
麻酔科標榜医
 日本麻酔科学会専門医

平野 孝士 ひらのたかし

平野孝士

役職等
 麻酔科・救急
▼所属学会等

 

橘 壽人 たちばなとしひと

橘 壽人

役職等
 
非常勤医
▼所属学会等
 
日本麻酔科学会指導医

 

当科は常勤医師2名、非常勤医師2名と高知大学麻酔科からの応援医師(毎週月曜)で手術の麻酔、集中治療室における呼吸循環管理、救急室の患者対応、ペインクリニック外来、緩和ケアなどに関わっております。
手術室の麻酔症例は年間約1600例で80%が全身麻酔ですが、多くの場合硬膜外麻酔や伝達麻酔などの区域麻酔を併用しています。土地柄高齢者が多く、 90歳以上の症例も珍しくありません。既往症やリハビリテーションに関して複数の診療科やコメディカル、地域医療機関との連携は不可欠でそうした背景を意 識した周術期管理ができればと考えています。
集中治療室は6床で年間約300人が利用していますが、こちらも高齢者が増加しており、入室直後から早期ADL回復を目指して各診療科の治療計画に麻酔科の視点と手法で協力できるよう取り組んでおります。
救急車搬入は年間約2700件で、地元消防の救急隊とは勉強会や研修の受け入れを通じて顔の見える関係にあり、救急室の円滑な運営につながっています。
救急搬送だけでなく緩和ケアを希望されて御紹介頂くケースも増えており地域拠点病院としての役割の一担をさらに充実させるよう尽力して参ります。