部署紹介

医師事務補助室

医師事務補助室

医師事務補助室

平成20年4月1日より、医師事務補助室が設置されて以来、医師の事務的作業の負担軽減を目的に、医師の指示の下で医師が行う事務的作業を補助、代行しています。

 平成29年4月より、院内での医師事務補助者の名称がMA(Medical Assistant)に変更となりました。
当院は急性期における地域の中核病院であり、医師の業務量も多く、医師が指示した診療記録への代行入力、診断書等の作成補助を行うことにより、医師が本来の診療に専念できる環境づくりに努めています。
 また、医師のニーズに応えられるよう、月1回の部署・全体ミーティングにより情報共有を行い、勉強会の継続、院内外の研修会への参加等で個々のレベルアップ、部署全体の活性化を図っています。チーム医療の一員として、医師や看護師、他職種とのコミュニケーションを大切によりいっそう医療の質の向上に貢献できるよう努力していきます。

業務内容
・診断書等文書作成補助
・電子カルテへの代行入力
・診療に関するデータ整理
・医師の研究・カンファレンスの準備
・研究・発表のための資料作成 など