部署紹介

内視鏡

内視鏡室は開院以来、高知県西部の中核病院として、精度の高い内視鏡検査を目指しています。
食道、胃内視鏡検査では、特殊光(NBI)や色素内視鏡を用いて、がんの早期発見に努めています。
大腸内視鏡では全例に拡大内視鏡検査を実施しています。大腸腫瘍(ポリープ、がん)の質的診断を瞬時に行い、その場での内視鏡治療を可能としています。

早期食道、胃、大腸がんの粘膜下層剥離術など、最新の内視鏡治療法の早期導入に努め、その他胆膵疾患の内視鏡診断治療など、幡多地域での消化器疾患全般の治療完結を目指しています。
また吐血・下血などの緊急内視鏡にも24時間体制で対応しています。

常に安全で正確な検査治療が実施できるように、医師と看護師、臨床検査技師が協働して内視鏡業務に取り組んでいます。

日本消化器内視鏡学会指導施設
日本消化器内視鏡学会指導医1名、専門医3名
消化器内視鏡技師3名(看護師2名、臨床検査技師1名)