部署紹介

診察情報管理室

 

診察情報管理室

診療情報管理室は、平成14年10月1日に立ち上げました。当初は紙の診療録での運用から始まり、平成21年3月9日には電子カルテへ移行。
年間約6000件の退院患者の診療録(カルテ)の管理・監査、診療録から得られる情報の管理をし、分析・編集を行い、治療現場のスタッフはもちろん、患者様への情報提供をすることにより、医療の質の向上に貢献できるように努めています。

主な業務内容

Ⅰ 診療情報データ入力
・電子カルテ、退院サマリーの内容から、ICD-10をコーディング、手術処置情報はICD-9-CMでデータ入力
・DPC最投病名の確認、スキャナ取込

Ⅱ 診療録監査
・退院翌日に記載不備等を確認(量的監査)
・質的監査(医師記録)

Ⅲ 各種統計
・診療科別退院カルテ完成状況(サマリー作成率)、診療科別紹介状持参患者数、再入院内訳、死亡退院患者内訳、救急車搬送患者(科別・消防別)、クリニカルパス使用件数、その他各部署からの統計依頼

Ⅳ 退院サマリーの点検
・サマリーの作成期限(2週間)を過ぎないように作成依頼・督促

Ⅴ 院内がん登録
・平成23年4月1日より診断の“がん”患者入力

Ⅵ 外科NCD
・NCD(National Clinical Database)のデータ入力
 

診療情報管理室スタッフ
診療情報管理士 6名、事務 1名
※平成28年10月1日現在