県民の皆さまからのご意見

県民の皆さまから県に寄せられた、ご意見やご提案などをご紹介しています。

ご意見・ご提言などの内容

受付日

2021年04月12日

担当所属

健康対策課

(新型コロナ)ウィルス検査の拡大、変異株への対応について

県民の声

・緊急事態宣言解除後、新型コロナウィルスの感染は再拡大し、関西などでは第4波に入っている。
・高知では感染確認は散発的ではあるが、年末のような再拡大が懸念される。
・再拡大を防ぐには感染の広がりの早期発見が重要だが、現状、保健所が判定する濃厚接触者の範囲が狭く、感染者と接触していても、マスクをしていると濃厚接触者でないとみなされることが多い。
・しかし、その後発症し、感染が判明した例もあり、見えない所で感染が拡大する恐れがあると思う。
・検査対象者の範囲を広げ、職場で同じ部署なら検査対象とする等、柔軟な運用をすることでクラスターの早期発見がしやすくなり封じ込めが容易になると考える。
・また、感染力が強い変異株への対応も重要である。
・検査で陽性となった検体の少なくとも半分、できれば全て再検査し、変異株の状況を早急に把握することが求められる。
・変異株が見つかれば、検査対象者の範囲拡大に加え、早期に感染拡大を食い止めるため、感染者の療養態勢もしっかり整備する必要がある。
・県には、検査対象者の拡大と変異株への対応強化を直ちに行っていただきたい。
・速やかな対応とご返信をお願いしたい。

高知県からの回答

 まず1点目の「検査対象者の拡大」についてですが、県においては、ご指摘いただきましたように、速やかに陽性者を発見する観点から、当初より陽性者の「濃厚接触者」に該当しない方についても、陽性者との接触の状況や接触時間等を調査確認し、「接触者」として幅広くPCR検査を実施しております。
 2点目の「変異株への対応強化」については、これまで県内で確認された陽性者については、原則として全員を対象として変異株スクリーニング検査を行っております。そのことにより、県内の変異株の流行を早期に探知し、適切に対応していくこととしています。
 また、県内でも確認された変異株は、従来株より感染力が強いと考えられていることから、県内での急速な感染拡大に備え、入院病床や療養施設など医療・療養提供体制の拡充を図っているところです。
 今後も、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止、医療・療養提供体制の拡充に努めてまいりますのでご理解とご協力をお願いいたします。

                                                         
                              高知県健康政策部健康対策課長 川内 敦文
                                        課長補佐 山本 貴子
                                        TEL: 088-823-9092
                    

お問い合わせ

健康政策部 健康対策課
広報広聴課
電話:088-823-9092
回答内容は掲載時点のものであり、状況などの変化により、内容が異なっている場合があります。
詳しくは担当課までお問い合わせください。