令和4年3月24日知事メッセージ(第46回高知県新型コロナウイルス感染症対策本部会議)

公開日 2022年03月24日

県民の皆さまへのメッセージ

 県内の感染状況を示す指標のうち、医療のひっ迫度合いを示す病院のベッド占有率を最も重視しており、直近1週間を見ると、県の対応ステージの「特別警戒(赤)」の目安としている25%の水準を、昨日まで7日間続けて下回っています。
 また、新規感染者数も緩やかな減少傾向が続いており、直近1週間を見ると、前週と比べて約3割減少しています。
 ワクチン接種が進んだこともあり、高齢者の感染者数も大幅に減少しています。
 こうした状況から、最も重視している病院のベッドの占有率も、当分の間は25%以下の水準で安定的に推移するものと見込んでいます。
<県の対応ステージ>
 そのため、本日、県の対応のステージを上から3番目の「警戒(オレンジ)」に一段階引き下げることとしました。
 これまで、県民・事業者の皆さまや、医療従事者の皆さまに、ご努力・ご協力いただきましたことを、この場をお借りして厚く御礼を申し上げます。
 ステージの引き下げに伴い、県民の皆さまにお願いしてる各種の行動制限も徐々に緩和していきたいと思います。
 <会食等の制限>
 これまで、「4人以下、2時間以内」といった具体的な人数・時間を示して一律に制限をお願いしていましたが、明日からは、人数については「可能な範囲で規模縮小」、時間については「可能な範囲で短縮」していただくよう、お願いを切り換えさせていただきます。
 ただし、会食中においても、会話が主となる時間帯では、極力マスクを着用していただく、いわゆる「マスク会食」を励行していただくよう、引き続きお願いします。
 加えて、次の点についても、特に留意をお願いします。
 第5波までと違い、若い世代を中心とした新規感染者数は引き続き多数に上っており、1日当たりの感染者数が150 人前後の規模が続いている中で、対応のステージを引き下げることとしています。
  これは、オミクロン株の感染力が大変強いことの表れであり、第5波のデルタ株の流行の時と違い、収束までに時間がかかっており、今回のステージ引き下げは、感染自体の封じ込めのめどが立ったということではありません。
 むしろある程度の感染者の発生は、引き続き避けがたいけれども重症者の多発や医療のひっ迫に繋がるリスクは、かなり下がった点が特にポイントであると考えています。
 人数制限は、具体的な数値を示しませんが、マスク会食など基本的な感染防止対策はしっかり行っていただきたいと考えています。
 ただし、現実には、マスク会食の徹底と言っても、例えば、多人数の20 人、30 人規模の会食を、お酒を伴って行うときに、マスク会食の徹底について、不安を持たれる方も少なくないと思います。
 多人数の会食では、仮に感染が発生すると、非常に大きなクラスターの発生ということにも繋がりかねないので、多人数の会食については、感染の拡大防止という必要性が比較的高いと思います。
 また、結婚披露宴などの規模を縮小して行っていただくにしても、一生に1回の機会のため、極力感染者を出したくないという思いの強い方が多いと思います。
 そのため、是非とも「感染を避けたい」、「感染の危険性を下げたい」必要性が高い場合においては、できるだけ参加者全員が検査していただいた上で、全員が陰性であることを確認して、安心して会食いただくように県として強くお勧めしたいと考えています。
 県では、無料検査の枠組みを新年度も継続して、手続き等もサポートさせていただきますので、是非、無料検査をご活用ください。
<観光キャンペーンについて>
 観光事業の回復に向けた取り組みとして、今回のステージの引き下げに合わせ、まずは県民の皆さまの県内旅行を対象としたキャンペーンを明日から再開することとします。
感染防止との両立という観点から、「ワクチン検査パッケージ」を活
用していただくことが条件となりますので、ご協力をお願いします。
 現状の「ワクチン検査パッケージ」は、ワクチンの2回接種、検査による陰性の確認という方式で当面は行いますが、おそらく近日中に、ワクチンは3回接種、検査による陰性の確認と切り替わっていくのではないかと想定しています。
 国の方針次第となりますが、いずれにしても感染防止との両立を図りながら観光需要の拡大を図っていきたいと考えています。
 また、事業者の方々には、ガイドラインに基づく感染防止対策を徹底していただいた上で、お客様をお迎えいただくようお願いします。
<基本的な感染防止対策の徹底について>
 感染状況が改善してきましたので、徐々に社会経済活動の回復に軸足を移す局面となりますが、第5波までと違い、多数の新規感染者が毎日発生している状況の中での取り組みになりますので、引き続き感染
防止対策の徹底をお願いします。
 特に、これからは年度替わりを迎え、県をまたぐ移動や普段会わない人との接触機会が増え、リバウンドが生じやすい条件がそろう時期になりますので、リバウンド防止に向けた十分な警戒が必要だと考えて
います。
 お願いしている内容は、マスクの着用、手洗い、3密の回避、換気の徹底といった基本的な感染防止対策です。
 こうした対策を引き続き徹底いただき、徐々に社会経済活動を回復して日常を取り戻していくよう、県としても精一杯努力していきますので、県民の皆さまのご理解ご協力を心よりお願いを申し上げます。

 

県内の感染状況を踏まえた対応方針、県民・事業者の皆さまへのお願い

「感染症対応の目安」におけるステージ:警戒(オレンジ)(令和4年3月24日時点)

3月25日からのお願い(4月10日まで)

○県民の皆さまへ
(1)不織布マスクの正しい着用、3密の回避、十分な換気対策、こまめな手指消毒をはじめとした基本的な感染防止
  対策を徹底してください(特に重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方、ワクチン未接種の方)。
(2)家庭内での感染事例が多く報告されています。部屋の換気、共有部分の消毒、タオルや食器の共用を避けるなど、
  家庭での感染防止対策の徹底をお願いします。特に重症化リスクの高い方々と同居している家庭では、家庭内におい
       ても会話の際などには、マスクの着用をお願いします。
(3)接触確認アプリ「COCOA」をインストールしましょう。
(4)感染者やその家族、医療従事者等に対し、誹謗中傷や差別的な行為を行わないようにしてください。
(5)症状のある方は、検査協力医療機関での受診をお願いします(行政検査として無料)。
  また、無症状でもご不安のある方は、県が設置する検査会場や薬局等で無料検査を受けることができます。
(6)ワクチンの3回目接種により、発症や重症化を防ぐ効果が回復するとされています。メーカーにこだわることなく、できるだけ早期に
  3回目のワクチン接種をお願いします。
 

○事業者の皆さまへ
(1)業種別ガイドライン等に基づく感染防止対策(特に、従業員のマスク着用)を徹底していただくようお願いします。
(2)室内の十分な換気、こまめな手指消毒、共有部分の消毒など、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
(3)在宅勤務(テレワーク)や時差出勤等、人との接触機会を低減する取組を推進していただくようお願いします。
(4)医療機関や高齢者施設においては、感染防止対策の徹底・レベルアップをお願いします。

1 会食について
(1)可能な範囲で規模を縮小し、可能な範囲で時間を短縮いただくようお願いします。
   飲食店での会食にあたっては、できる限り「高知家あんしん会食推進の店」の認証店を利用していただくようお願いします。
   多人数での会食など、感染防止の必要性が高い場合については、できるだけ「対象者全員検査」(※)を活用することを推奨します。
(2)会話が主となる時間帯には、できる限りマスクの着用を励行するなど、飛沫感染の防止に努めてください。
(3)特に、飲酒の場などでの「献杯・返杯」や「大声での会話」、「マスクを外してのカラオケ」など、感染リスクの高い行動は、
      控えるようお願いします。 ※抗原定性検査等により参加者全員の検査を行うもので、県が設置する検査会場等で無料の検査を受けることができます。
                 対象者全員の陰性を確認することで、より安心して会食をお楽しみください。
  

2 外出について
(1)外出の際には、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
(2)混雑した場所、換気の悪い場所や感染対策が十分でない施設など感染リスクが高い場所への外出は極力控えてください。

3 他県との往来について
 発熱などの症状がある方や体調の悪い方は、他県との往来を控えてください。

4 イベント等について
開催にあたっては、以下の点に注意したうえで、業種別ガイドライン等に基づく感染防止対策を徹底してください。
(1)参加人数が5,000人超かつ収容率50%超のイベント開催については、県へイベント開催の2週間前までに「感染防止安全計画」を提出してください。
  「感染防止安全計画」を策定し、県による確認を受けたイベントは、人数上限は収容定員までかつ収容率の上限を100%とします。 ※「大声なし」が前提
(2)(1)以外のイベントの人数上限は、5,000人又は収容定員50%以内のいずれか大きい方とします。
   収容率は、「大声なし」のイベント等は100%、「大声あり(注)」のイベント等は50%とします。
   ※収容率と人数上限でどちらか小さいほうを限度(両方の条件を満たす必要)
   感染防止策等を記載した「チェックリスト」を作成して、ホームページ等で公表し、イベント終了日から1年間保管してください(県への提出は不要です)。

5 県立学校について
(1))3/25(金)以降の春休み期間中の部活動は、1日あたり3時間以内で、週休日等を含め週5日までに制限します。
    なお、県内における練習試合等は再開しますが、県外校との練習試合等は禁止します。
    ※春休み期間中においても、今後の感染状況によっては制限等を変更します。
(2)補習は、感染防止対策を徹底したうえで、人数制限やオンラインの活用など工夫して実施します。

(注)大声を「観客等が通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること」と定義し、これを積極的に推奨する又は必要な対策を十分に施さないイベントは「大声あり」に該当するものとします。

 

連絡先

高知県 危機管理部 危機管理・防災課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 危機管理担当 088-823-9311
防災担当 088-823-9320
情報担当 088-823-9320
総務担当 088-823-9018
ファックス: 088-823-9253
メール: 010101@ken.pref.kochi.lg.jp