要配慮者の特性に応じた避難所における要配慮者支援ガイドの作成について

公開日 2020年08月30日

要配慮者の特性に応じた避難所における要配慮者支援ガイド」を作成しました!

 本ガイドは、避難所の運営に携わる方が、要配慮者の特性や避難所での困りごとを理解し、必要に応じて手助けが行えるよう支援や対応方法をまとめたものです。

 基本的にはご家族が介助をされますが、避難所で要配慮者の支援に携わる方や一般の避難者などが手助けをされる際に、参考にしていただけるよう作成しました。

 

Q.要配慮者は福祉避難所へ避難するんじゃないの? なぜ、一般の避難所での要配慮者の対応をする必要があるの?

A.過去の大規模災害では、高齢者や障害のある方々が数多く犠牲となり、その中でも、長引く避難生活でのストレスなどが原因で、体調を崩して犠牲になる方が多くみられました。

    県では、そうした要配慮者が安全に避難するための個別計画の策定や福祉避難所の確保などの要配慮者支援対策を市町村と連携しながら実施してまいりました。

    しかしながら、現在の福祉避難所の確保状況ではすべての要配慮者の受入れを行うことは困難であり、一般の避難所において比較的障害の程度が軽く支援の度合いが低い要配慮者を受け入れる必要があります。

 

Q.どこで手に入れればいいの?

A.PDFデータを以下に掲載しますので、そちらからダウンロードしていただき、印刷のうえ、学習会等にもご活用いただければと思います。

 要配慮者の特性に応じた要配慮者避難所支援ガイド[PDF:4MB]

  (※両面で印刷していただき、左側の長辺を綴じていただくと見えやすいです。)

 

連絡先

高知県 危機管理部 南海トラフ地震対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整 088-823-9798
対策推進 088-823-9386
地域支援 088-823-9317
ファックス: 088-823-9253
メール: 010201@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード