漁業者の安全対策について

公開日 2020年02月04日

 県内では、漁船の海難事故がたびたび発生しています。出漁の際には気象や海況の情報を十分確認するとともに、操業時には周囲の見張りを励行し、漁労機器の使用にも十分注意するなど、安全対策をしっかり行って海難事故を防止しましょう。

外部サイト:令和元年度全国漁船安全操業推進月間ポスター

 

ライフジャケットの着用について

 平成30年2月1日から、すべての漁船の乗船者に対してライフジャケットの着用が義務付けられています。海中への転落事故が起きた際、ライフジャケットの着用によって生存率が大幅に高くなることが調査で示されています。県では、水産庁からの依頼により、県内の漁業者のライフジャケット着用状況調査を実施しています。平成30年度は着用率が69.1%と、全国平均の83.2%を大きく下回る結果となりました。令和元年度の着用率は81.0%に向上しましたが、依然として着用していない方が2割近くあります。自身と家族を守るため、必ずライフジャケットを着用しましょう。

外部サイト:漁船の安全操業に関する情報(水産庁)

連絡先

高知県 水産振興部 漁業管理課
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号(西庁舎6階)
電話: 調整担当 088-821-4608
保安漁船担当 088-821-4826
ファックス: 088-821-4527
メール: 040301@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード