太平洋くろまぐろの資源管理について

公開日 2021年11月10日

太平洋くろまぐろの資源管理について

 

 太平洋くろまぐろについては、資源量の減少が懸念されていることから、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)での決定に基づき、関係各国が資源管理に取組んでおり、我が国でも平成27年から漁獲量上限を設けるなどの管理を行っています。平成30年以降は、国が漁獲可能量(漁獲できる数量の上限)を定める、TAC制度による資源管理に移行することとなり、本県でも漁業法第16条第1項の規定により、大型魚(30キログラム以上)及び小型魚(30キログラム未満)ごとに数量管理を行っています。

(令和3管理年度)

高知県資源管理方針

 

 また、令和3年6月1日から、遊漁によるクロマグロの採捕に規制がかかりました。小型魚(30kg未満)は採捕禁止に、大型魚(30kg以上)の採捕は水産庁への報告が必要となります。

※令和3年8月21日から令和4年5月31まで、くろまぐろ大型魚は採捕禁止となっています。(くわしくは下記水産庁HPのリンクをご覧ください。)

遊漁者のみなさまへ[PDF:306KB]

遊漁者・遊漁船業者の皆様へ[PDF:398KB]

くろまぐろを対象とする遊漁者・遊漁船業者の皆様へ

連絡先

高知県 水産振興部 漁業管理課
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号(西庁舎6階)
電話: 調整担当 088-821-4608
保安漁船担当 088-821-4826
ファックス: 088-821-4527
メール: 040301@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード