第13回 三原村(令和4年10月25日)

公開日 2022年12月05日

「再び、濵田が参りました」 第13回 三原村訪問実績

日時:令和4年10月25日(火曜日)

視察地など

1.三原村集落活動センターやまびこ
2.農事組合法人三原やまびこ
3.土佐三原どぶろく合同会社
4.星ヶ丘公園(ヒメノボタンの里)
5.座談会「保水力のある多様な森づくりからの産業振興」(
三原村農業構造改善センター 多目的ホール)
 

 

視察及び座談会の様子

 01_IMG_2063

 

 

1.三原村集落活動センターやまびこ

 

コインランドリーなど地域に密着したサービスのほか、手作りこんにゃくの製造や外商活動など、センターが力を入れている取り組みについて伺いました。村民の方が生きがいを感じながら元気に暮らすために、6つの部会で精力的に活動されており、心強く思います。

 

 

02_IMG_2075

2.農事組合法人三原やまびこ

シシトウの栽培状況やパック詰めの作業場を見学しながら、お仕事のやりがいについてお話を伺いました。皆さんが元気に、また、なごやかに取り組まれているご様子が印象に残りました。憩いの場づくりと、安定した収入確保の両立を実現されており、勉強になりました。

 

03_IMG_2087

 

3.土佐三原どぶろく合同会社

 コロナ禍や人手不足といった逆風の中、甘酒などの新商品開発に果敢に挑戦されていることに大変感銘を受けました。

 どぶろくの共同製造施設の完成によって、作り手のノウハウが結集し、三原村のどぶろく文化がさらに盛り上がることを楽しみにしております。

 

 

04_IMG_2117

 

 

4.星ヶ丘公園(ヒメノボタンの里)

 四万十かいどう推進協議会三原支部の矢野会長に、公園内を彩る様々な草花をご紹介いただき、とても心安らぐ時間を過ごしました。

 ヒメノボタンをはじめとする多種多様で貴重な植物を楽しむことができる素敵な公園を整備していただき、うれしく思います。

 

 

05_IMG_2126

 

 

 

5.座談会「保水力のある多様な森づくりからの産業振興」

 農林業者、どぶろく製造会社、集落活動センターの皆さまを交えて、意見を交わしました。

 三原村全体で環境保全に取り組み、産業振興にもつなげていこうと取り組まれる姿に、私としましても、よりいっそう地域活性化への思いを強くいたしました。

 

 

 

 

 

連絡先

高知県 総務部 広報広聴課
所在地: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎2階)
電話: 広聴担当 088-823-9898
広報担当 088-823-9046
ファックス: 088-872-5494
メール: 111301@ken.pref.kochi.lg.jp