「高知家」自慢 川柳2020 入選作品決定!

公開日 2021年01月18日

高知県と第一生命保険株式会社との共催のもと開催いたしました「高知家」自慢 川柳2020。
前回(2019年度)を上回る、688句のご応募の中から厳選なる審査の結果、入選作品が決定いたしましたので、以下のとおり発表いたします。
たくさんのご応募ありがとうございました!!

 

【高知県知事賞】

人情と たたきは厚い 高知流   (天真らんらん)

【第一生命賞】

消毒じゃ 言うておんちゃん 酒を飲み   (飲めんおばさん)

【高知新聞社賞】

早く来い カツオと孫が 戻る春   (さごじょう)

【高知放送賞】

仁淀川 陽ざしと水の 万華鏡   (高知ラブ)

【四国銀行賞】

タタきたい カツオじゃなくて 嫁の腹   (四万十ポーク)

【損保ジャパン賞】

高知では 「ぜよぜよ」意外に 言わんぜよ   (えんぴつ)

【アフラック賞】

高知家は 三密避けても 親密だ   (しなやかーる)

【優秀賞(5作品)】

高知家は 酒好き食好き 客が好き   (しんちゃん)
休肝日 決めて破って 又決めて   (たかちほ)
コロナ禍で 心をあらう 仁淀ブルー   (くじら釣っ太朗)
古女房 よさこい踊れば 恋女房   (詠み人知らず)
よさこいが 結んだ縁で 高知家へ   (まちねこ)

 

 

【佳作賞(20作品)】

 

たまに顔 隠す照れ屋の 沈下橋   (中年やまめ)
来年は 二十倍返えしの 鳴子音を!   (みーこ39)
語尾に「ぜよ」 みんながみんな 付けんぜよ   (だいちゃんZ!)
まとめ買い いいえこの酒 今日の分   (フーマー)
方言は トムとジェリー ちゅうとにゃあ   (ままてん)
高知家の 新たなルール エア乾杯   (エミテン)
ようきたね 土佐のさわちで おもてなし   (浜あざみ)
たたいても あぶってもダメ この脂肪   (カツオたたく)
食材の 三密皿鉢じゃ 許される   (木立慈雨)
高知家は 離れていても 絆あり   (稲葉高飛郎)
ボケたふり 妻の小言を スルーする (ちやがまる)

お勧めは 鰹と人の 活きの良さ   (かよ姫)
返杯が 返ってこない ボッチ飲み   (50才独身です)
土佐和牛 角出た妻も モウ笑顔   (夢追い人)
即仲間 土佐のおきゃくの 酒文化   (白湯)
昼間から 酔ってもマスクで 知らん顔   (黄金ベットで寝る女)
就活も 鰹のように 釣られたい   (アカエタカ)
宴会が 終わって気付く あなた誰   (にじのいろ)
箸拳も 皿鉢も今は ディスタンス   (すうみん)
自粛中 パパは料理で ママ手酌   (しゅうちゃん)

 

関連記事(表彰式) ⇒ ユーモアと悲哀たっぷりの「高知家」自慢 川柳2020!688句の中から受賞作品が決定

 

「高知家」自慢川柳2020①-1 「高知家」自慢川柳2020②

連絡先

高知県 産業振興推進部 地産地消・外商課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 地産外商 088-823-9753
企画推進 088-823-9738
高知家  088-823-9741
食品加工 088-823-9704
輸出振興室 088-823-9752
ファックス: 088-823-9262
メール: 120901@ken.pref.kochi.lg.jp