【南海トラフ地震における応急期対策のあり方に関する懇談会】に関すること

公開日 2014年12月22日

1 目的

 南海トラフ地震発災後から1ヵ月程度の応急期における高知県の事案をもとに、医療救護活動等応急期対策のあり方について検討し、必要な対策へ繋げる。併せて国への提言等を行う。

 

2 検討課題

 発災直後は医療資源が絶対的に不足し、搬送先や手段の確保も事実上困難なことが想定される中で、限られた医療資源をどのように有効活用して、医療救護活動を展開するか。また、急性期以降の応急期の医療救護活動をどのように進めるか。

 

3 懇談会委員(座長を除き50音順)

     河 田 惠 昭  氏  (関西大学)【座長】

     井 原 則 之  氏  (近森病院)

     喜多村 泰輔 氏  (高知医療センター)

     土 居 弘 幸  氏  (岡山大学大学院)

     長 野     修  氏  (高知大学)

     西 山 謹 吾  氏  (高知赤十字病院)

     山 田 憲 彦  氏  (航空自衛隊)

     矢 守 克 也  氏  (京都大学)

 

4 開催経過 

     第1回(H25.12.27) 高知県の現状と課題を踏まえた応急期対策のあり方の検討

     第2回(H26. 5.15)  急性期対策、亜急性期における長期浸水対策の検討

     第3回(H26. 8. 1)   急性期における医療救護活動、亜急性期以降の対策の検討

     第4回(H26.11.18) 報告書取りまとめ

 

5 報告書

  報告書[PDF:6MB]

連絡先

高知県 健康政策部 健康長寿政策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎4階)
電話: 企画調整担当 088-823-9666
健康長寿県づくり担当 088-823-9683
よさこい健康プラン21推進室 088-823-9675
災害医療対策室 088-823-9667
ファックス: 088-823-9137
メール: 131601@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード