IoP技術者コミュニティのご案内

公開日 2022年06月13日

IoP技術者コミュニティ 入会のご案内

 本県施設園芸農業は、これまで高知の生産者が培ってきた高い技術力と、オランダに学び進化させてきた「次世代型施設園芸農業」の取り組みにより、全国一の生産性を誇っています。高知県は、さらなる収量増加や高品質化、省力化などを目指して、平成30年度からIoP(Internet of Plants)のコンセンプトのもと、これまで普及してきた環境制御技術にAIやIoTなどの先端技術を融合させ、さらに生産性や付加価値を高め、誰でも簡単に活用できる進化型のシステムの確立(以下、「IoPプロジェクト」という)に取り組んでいます。

IoPロゴ

 産学官の力を結集し、IoPプロジェクトを進め、施設園芸の生産現場から様々なデータを自動で収集・蓄積できるデータ連携基盤「IoPクラウド」を構築しました。さらに、本プロジェクトでは、IoPを支える人材の育成やクラウド対応機器等の開発取り組んでいます。令和3年度には、県内企業がクラウド対応のデバイスを開発する際に、IoPクラウドのテストベッドを活用した開発支援事業を利用し、県内企業の数社が自社のデバイスやシステムに、クラウド対応の通信機能を付加させる改良・開発を行いました。

素材6
令和3年度までに実施したIoPクラウドテストベッドを活用した支援事業のイメージ

 

 この取り組みをひろげるため、IoP技術者コミュニティを設置しました。本会への参加を通じて、IoPクラウドに関連する技術的知見が得られ、また具体的な技術が習得できる企画を行っていきます。また、公募により選ばれた民間企業が主導して行うIoPクラウドを活用した新たなサービスの社会実装に関する実証事業について、検討過程も含めた事業内容を技術者コミュニティで共有し、クラウド利活用に関する知見を高めることで、データ連携基盤「IoPクラウド」を中心としたAPIエコノミーの形成を目指します。

素材5

 なお、入会は「高知県内に本社その他の事業所を有する企業等(県内企業等)又は県内企業等と協業する意思を有する県外企業等」が対象となります。
 皆様のご参加をお待ちしています。

※技術者コミュニティで実施する企画の一部は県内企業等のみ参加のものがあります。

IoP技術者コミュニティの主な活動内容

  ●IoPクラウドに関連する具体的な技術が習得できる講座の開催

  ●IoPクラウドを活用したビジネス実証等の取り組みを共有する定例会

  ●技術者コミュニティでの取り組み内容を発信する成果報告会

  ●IoPプロジェクトに関する情報の提供 等

 素材4  素材2-2 

 

 

申し込み方法

 入会を希望される方は、【高知県】電子申請サービス(https://s-kantan.jp/pref-kochi-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=3128)からお申し込みください。

連絡先

高知県 農業振興部 農業イノベーション推進課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号(西庁舎3階)
電話: 次世代園芸推進担当 088-821-4514
農業クラスター推進担当 088-821-4583
データ駆動型農業推進担当 088-821-4516
IoP推進室  
IoP推進担当 088-821-4584
産学官連携担当 088-821-4570
ファックス: 088-873-5162
メール: 160601@ken.pref.kochi.lg.jp