県道田村高須線交通安全対策事業(介良工区)

公開日 2017年01月27日

1.路線の概要

▼県道田村高須線とは

 一般県道田村高須線は、南国市田村を起点とし、高知市高須(国道195号)までを結ぶ延長約8kmの南国市南西部及び高知市東部地区を横断する幹線道路で、地域の生活・産業振興に寄与する重要な路線となっています。

この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。(承認番号 平24四複、第18号)

 

高知土木事務所が県道田村高須線で実施している事業は、道路事業と都市計画事業があり、ここでは、道路事業について紹介します。

◆道路事業(交通安全対策事業)は、道路建設課道路第1班が担当しています。

◆都市計画事業(街路事業)は、道路建設課道路第3班が担当しています。

位置図

この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。(承認番号 平24四複、第18号)

 

▼道路事業の課題

 路線沿線には、潮見台・中野団地などの住宅団地があり、通勤・通学時における交通量が多い路線です。しかしながら、道路幅が約4mと狭いため、自動車のすれ違いも困難であり、特に児童・学生等の自転車・歩行者にとっては、危険な状況となっています。

▼道路事業の内容

 現在、交通安全対策事業によって、事業を進めており、延長580mの区間で、車道の2車線化ならびに自転車歩行者道の新設を行います。

 

▼道路事業によって期待できる効果

 自動車のすれ違いも困難だった狭い道路が、2車線拡幅されることで、円滑で安全な通行が可能となります。特に、自転車歩行者道が新設されるので、児童・学生の通学に対して、安全が確保されます。

2.道路事業の進捗状況

事業に必要な用地取得及び支障となる物件の移転等を進めており、H20年度末時点で、現在まで起点側より110m区間の用地取得が完了しています。

3.道路事業の今後の予定

平成21年度の事業内容は、用地買収補償が完了しているL=110m区間の工事を行い、平成22年3月末での事業効果の発現をめざします。
当面の事業目標としては、平成20年代半ばの事業完成供用です。

4.道路事業の計画図面

■計画平面図[PDFファイル/1.47MB]
■標準横断図[PDFファイル/199KB]

連絡先

高知県 土木部 高知土木事務所
住所: 〒781-0814 高知県高知市稲荷町11番26号
電話: 088-882-8141
ファックス: 088-884-6154
メール: 170106@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード