「命を守るヘルメット!」自転車乗車用ヘルメット着用を考える 交通安全教育 指導案例 掲載

公開日 2021年07月29日

平成31年4月1日に、「高知県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が施行されました。

 この条例では、児童生徒(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)の保護者の努力義務として、児童生徒に自転車安全教育を行うこと、児童生徒の自転車に反射機材を備えることとともに、乗車用ヘルメットを着用させること、及び自転車損害賠償保険等に加入するよう努めることが規定されています。

 これを受け、県教育委員会では、平成31年4月から、自転車通学時のヘルメット着用を推進することを目的とした「自転車ヘルメット着用推進事業」を進めています。

 

 各高等学校の先生方がロングホームや特別活動等の時間を活用して、自転車交通安全教育を推進できるように、指導案例等をホームページに公開します。
ぜひ、これらの資料等を活用していただき、各学校で自転車乗車用ヘルメットの着用を考える授業を実施していただきますようお願いします。

①【事前学習で活用】グループ協議質問項目 [DOCX:9KB]

② 交通安全教育LH指導案[DOCX:18KB]

③ 交通安全教育 命を守るヘルメットPP[PPTX:57MB]

④ グループ協議 記録用紙[DOCX:8KB]

⑤ 【事後に活用】振り返りシート[DOCX:9KB]

 

 

連絡先

高知県 教育委員会 学校安全対策課
住所: 〒780-0850 高知市丸ノ内1丁目7番52号
電話: 企画支援担当 088-821-4534
学校安全担当 088-821-4533
施設担当 088-821-4544
ファックス: 088-821-4546
メール: 312301@ken.pref.kochi.lg.jp