「高知県環境不動産」の認定制度がスタートしました

公開日 2024年02月07日

更新日 2024年06月10日

高知県環境不動産の認定制度

はじめに

 高知県では、脱炭素社会の実現に向け、森林が吸収した二酸化炭素を炭素として貯蔵する木材の利用を進めるため、木造・木質化された建物を高知県環境不動産として認定し、税制面や都市計画面で優遇するする制度を4月からスタートさせました。

高知県環境不動産の建築の促進に関する条例[PDF:91KB]

高知県環境不動産の認定等に関する取扱要綱[PDF:164KB]

取扱要綱 様式[DOCX:21KB]

高知県環境不動産運用マニュアル[PDF:3MB]

高知県環境不動産パンフレット[PDF:7MB]

高知県環境不動産パンフレット(印刷用)[PDF:3MB]

高知県環境不動産独自基準入力シート[XLSX:187KB]

 

 

高知県環境不動産とは

 一定以上の木材を使用し、森林による二酸化炭素の吸収及び排出の抑制につながるなど、環境面での価値の高い建物です。

対象となる建物

木材を使用した
 4階建て以上の集合住宅
  商業施設・オフィスビルなどの住宅以外の建物
  ・延べ面積が300平方メートル以上
  ・延べ面積1平方メートル当たりの木材使用量が0.15立方メートル以上
  ・県産木材の使用率が60パーセント以上

高知モデル_外観高知県森連会館

 

高知県環境不動産の認定基準

次の要件を満たすもの

 ・CASBEE-建築(新築)(CASBEE建築評価員による評価)での評価:S、A、B+
 ・県が独自に定めた木材利用の基準での評価:S、A、B

※CASBEEは、一般財団法人住宅・建築SDGs推進センターが保有する登録商標です。

 CASBEE-建築(新築)2021年SDGs対応版の評価ソフトは、一般社団法人日本サステナブル建築協会のホームページからダウンロードできます。

優遇措置

建築物の
 不動産取得税の免除
 容積率の緩和

優遇措置の適用基準

高知県環境不動産に認定され、次の要件を満たすもの

・CASBEE-建築(新築)(CASBEE建築評価員による評価)での評価:S、A
・県が独自に定めた基準での評価:S、A

計画書・申請書等の作成・手続き

【計画書等の作成に当たって】

 高知県環境不動産計画書等を作成される際には、予め相談していただくことをおすすめします。

【提出書類等】

提 出 提出時期 備  考
高知県環境不動産計画書 工事着手前 工事着手の前日までに事前確認を終える必要があります。
事前確認には20日程度の期間を要します。
高知県環境不動産変更計画書 変更が生じたとき 〈届出が必要な変更〉
・建築物の延べ面積が増加又は減少する場合
・木材使用量が増加又は減少する場合
・県産木材の使用量が減少する場合
・高知県環境不動産独自基準又はCASBEE-建築(新築)の評価結果が変更前と同等以上とならない場合
高知県環境不動産申請書 工事完了後速やかに  

                                        

手続き

この記事に関するお問い合わせ

高知県 林業振興・環境部 木材産業振興課

所在地: 〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号(西庁舎4階)
電話: 加工促進担当 088-821-4591
特用林産担当 088-821-4591
需要拡大担当 088-821-4593
販売促進担当 088-821-4858
ファックス: 088-821-4594
メール: 030501@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
Topへ