ひとりで悩まないで~ひきこもり~

公開日 2021年10月11日

ひきこもりとは

学校や職場などの社会参加を回避し、概ね6ヶ月以上家庭にとどまり続けている状態(厚生労働省のガイドラインをもとに作成)

  • 外出はしていても、家族以外の人との親密な交流がほとんどありません。
  • 誰でも、何歳からでも、ひきこもり状態となる可能性はあります。
  • 「怠け」や「甘え」ではありません。

ひきこもりという状態は同じであっても、背景や思いは一人ひとり違います。それぞれの人への理解が大切です。

 

ひきこもり経験者の千原ジュニアさんからのメッセージ

■メッセージ動画(15秒程度)                    

                                     
 

ひきこもりのかたちは人それぞれ。自分のペースで。回復には、周りの理解と安心できる環境が大切です。

 

県内の支援機関・市町村窓口などで、以下のポスターやリーフレットを掲示・配布しています。

■ リーフレット(A4三つ折りサイズ)                              ■ ポスター

             

 

相談できる窓口 (まずは一度、お住まいの地域の窓口にご相談ください。)

 

連絡先

高知県 子ども・福祉政策部 地域福祉政策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整担当 088-823-9664
援護調査担当 088-823-9662
地域福祉推進チーム 088-823-9090
災害時要配慮者支援室 088-823-9089
福祉・介護人材対策室 088-823-9631
ファックス: 088-823-9207
メール: 060101@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード