身体障害認定基準の改正(H30年7月~)について

公開日 2018年07月02日

 平成30年7月から「視覚障害」に関する体障害者手帳の認定基準が変わります。

 ※平成30年7月1日以降に作成された診断書・意見書を添付した申請が対象となります。

 詳細は下記のリーフレットをご覧ください。

リーフレット[PPT:343KB]

 

主な改正点

 

◎「視力障害」の認定基準について

 〔平成30年6月末まで〕 両眼の視力の和で認定 ⇒ 〔平成30年7月以降〕 良い方の眼の視力で認定


◎「視野障害」の認定基準について

 〔平成30年6月末まで〕 ゴールドマン型視野計による認定基準のみ。

 ⇒ 〔平成30年7月以降〕 ゴールドマン型視野計による認定基準に加え、現在、普及している自動視野計でも認定可能に。 (認定基準を明確化)

 

 〔平成30年6月末まで〕 2級~4級については、視能率による損失率によって認定。

 ⇒〔平成30年7月以降〕 視能率、損失率という用語を廃止。視野角度、視認点数を用いたより明確な基準により認定。

 

連絡先

高知県 地域福祉部 障害福祉課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎1階東側)
電話: 企画調整担当 088-823-9633
地域生活支援担当 088-823-9634
障害児支援担当 088-823-9663
事業者担当 088-823-9635
ファックス: 088-823-9260
メール: 060301@ken.pref.kochi.lg.jp