身体障害者手帳について

公開日 2014年02月14日

 身体障害者手帳及び療育手帳の再認定(再判定)の取扱いについて

このことについて、高知県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、急を要さない医療機関の受診等のための外出を回避するため、身体障害者手帳の再認定又は、療育手帳の再判定を実施する期日が令和2年3月1日から令和3年2月末日までの間にある方について、その期日を1年間延長することとしました。

対象の方には、当該取扱いにかかる通知とともに、延長後の期日を記載したカードを送付し、携帯していただきます。ただし、障害の程度に変化がある等の理由により、ご本人が再認定(再判定)を希望する場合は通常どおりの取扱いが可能です。

【R2.4.24】【事務連絡】身体障害者手帳及び療育手帳の再認定(再判定)の取扱いについて[PDF:291KB]

 

 

 

平成26年4月1日から心臓機能障害(ペースメーカ等植え込み者)及び肢体不自由(人工関節等置換者)の身体障害者手帳の認定基準が改正されます。

認定基準改正についての詳細

 

身体障害者手帳とは

 

身体に一定の障害がある方が、各種の福祉サービスを受けるため必要な手帳です。身体に永続的な一定の障害があり、その障害の程度が身体障害者等級表に該当する方が対象です。障害の種類と程度によって、1級から6級まで区分されています。

<障害の内容>視覚障害、聴覚又は平衡機能障害、音声・言語・そしゃく機能障害、肢体不自由、内部障害(心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう又は直腸・小腸・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫・肝臓)

身体障害認定基準 [PDFファイル/468KB]

身体障害認定要領 [PDFファイル/543KB]

身体障害認定基準等の取扱いに関する疑義 [PDFファイル/548KB]

<高知県独自の身体障害認定基準等の運用について>

下の三点につきましては、本県独自の認定基準を設けて運用しております。

1.心臓機能障害:冠動脈狭窄症の取り扱い
    狭窄が75%以上90%未満・・4級
    狭窄が90%以上99%以下・・3級
    狭窄が100%(閉塞) ・・1級
    これと活動能力の度合いを組み合わせて等級認定を行う。

2. 腎臓機能障害:人工透析治療者については、透析からの離脱が困難であるため、血清クレアチニン濃度が8.0mg/dl下であっても、人工透析を定期的に実施している者については、1級の認定を行うこととする。

3. 肢体不自由:上肢機能障害、下肢機能障害について、著しい障害と軽度の障害の中間の障害を認定するため、機能障害という区分を設けて認定を行うこととする。

高知県社会福祉審議会身体障害者福祉専門分科会内規[DOC:31KB]

内規別表[DOC:31KB]

 

 

申請手続き(新規・等級変更・障害の追加)

手帳の取得を希望する方は、市町村の福祉担当窓口にご相談ください。また、身体障害者手帳を所持されている場合で、障害の程度が変わったときや、他の部位に障害を受けた場合は、再度、市町村の福祉担当窓口で手帳申請の手続きをしてください。

【必要書類】

申請書(第8号様式) ※様式は県障害保健福祉課または市町村福祉担当窓口にあります

診断書(県または高知市が指定した医師の作成したもの。)

※指定医師については県障害保健福祉課または市町村の福祉担当窓口にお問い合わせください

写真3枚(タテ4cm×ヨコ3cm)

紛失・破損

手帳を紛失したり、破損した時は再交付ができますので、市町村の福祉担当窓口に申請をしてください。

【必要書類】

申請書(第8号様式) ※様式は県障害保健福祉課または市町村福祉担当窓口にあります

写真3枚(タテ4cm×ヨコ3cm)

居住地・氏名変更

引っ越しで住所が変わった時や、結婚で名字が変わった時は、必ず市町村の福祉担当窓口で変更の手続きを行ってください。

【必要書類】

申請書(第6号様式) ※様式は県障害保健福祉課または市町村福祉担当窓口にあります

返還

手帳の交付を受けた方が亡くなった時や、手帳の再交付を受けられた時は、古い手帳を必ず市町村の福祉担当窓口に返還してください。

【必要書類】

身体障害者手帳返還届 

※様式は県障害保健福祉課または市町村福祉担当窓口にあります

 

連絡先

高知県 子ども・福祉政策部 障害福祉課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎1階東側)
電話: 企画調整担当 088-823-9633
地域生活支援担当 088-823-9634
障害児支援担当 088-823-9663
事業者担当 088-823-9635
ファックス: 088-823-9260
メール: 060301@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード