消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)について

公開日 2022年12月13日

 消費税の軽減税率制度の実施に伴い、令和5年10月1日から消費税の適格請求書等保存方式(いわゆる「インボイス制度」)が開始されます。

 インボイス制度においては、買手が消費税の仕入税額控除を行うためには、売手が交付する「インボイス(適格請求書)」の保存が必要となります。売手がインボイスの交付を行うためには、「適格請求書発行事業者(注)」の登録が必要であり、その登録申請の受付が令和3年10月1日より開始されています。令和5年10月1日から登録を受けるためには、原則として令和5年3月31日までに登録申請手続きを行う必要があります。
(注)インボイスを交付できる事業者として税務署の登録を受けた事業者のことを指し、課税事業者が登録を受けられることになっています。

 インボイス制度の導入後は、免税事業者や消費者など、適格請求書発行事業者以外の者から行った課税仕入れは、原則として仕入税額控除を行うことができません。
 ただし、制度の円滑な移行のため、免税事業者等からの仕入れについても、一定の要件を満たせば、制度導入後の3年間は仕入税額相当額の80%、その後の3年間は仕入税額相当額の50%を控除できる経過措置が設けられています。

 インボイス制度特設サイト等が以下のとおり設けられていますので、制度をご理解いただくとともに、各集落活動センターの事業実態に合わせて、必要な準備・対応を行っていただきますよう、お願いいたします。

 

1 制度参考資料
国税庁 インボイス制度リーフレット1【(事業者の方へ)令和5年10月インボイス制度が始まります!】[PDF:616KB]
国税庁 インボイス制度リーフレット2【(免税事業者のみなさまへ)令和5年10月1日からインボイス制度が始まります!】[PDF:2MB]

 

2 インボイス制度特設サイト等
 国税庁HPにおいて「インボイス制度特設サイト」が公開されているほか、電話相談センターが設けられていますのでご参照ください。

・国税庁インボイス制度特設サイト(外部サイトへリンク)
 制度概要、Q&A、オンライン説明会申込み、動画チャンネル(You Tube)紹介等
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice.htm

・インボイス制度に関する一般的な質問や相談に対する電話相談センター
 消費税軽減税率・インボイス制度電話相談センター 0120-205-553(無料)
 【受付時間】9時00分~17時00分(土日祝除く)

 

3 税務署主催説明会
 各税務署では、原則として毎月1回、事業者の方を対象としたインボイス制度の説明会を開催しています。
 事前登録制のため、参加を希望される場合は下記リンク先の「開催日程一覧表」をご覧いただき、お近くの税務署の「連絡先」までご連絡ください。(登録の申込状況等により、ご希望の説明会に参加できない場合があります。)
 そのほか、誰でも参加可能なオンライン説明会も開催されています。過去の説明会動画も公開されていますので、下記リンク先よりご確認ください。

【現地説明会について】
 国税庁高松国税局ホームページ(外部サイトへリンク)
 消費税のインボイス制度説明会に関するお知らせ
 (https://www.nta.go.jp/about/organization/takamatsu/invoice_setsumeikai/index.htm

【オンライン説明会について】
 国税庁ホームページ(外部サイトへリンク)
 オンライン説明会のご案内
 (https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice_setsumeikai.htm

 

連絡先

高知県 中山間振興・交通部 中山間地域対策課
所在地: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎3階)
電話:

088-823-9739(企画調整担当)

088-823-9600(集落活動担当)

088-823-9602(人づくり支援担当)

ファックス: 088-823-9258
メール: 070101@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード