高知県まち・ひと・しごと創生総合戦略<平成30年度版>の策定について(平成30年3月30日決定)

公開日 2018年04月02日

 高知県では、平成27年3月に「高知県まち・ひと・しごと創生総合戦略(平成27年度版)」を策定し、その目指す将来像「地産外商が進み、地域地域で若者が誇りと志を持って働ける高知県」を実現するため、産業振興計画による経済の活性化、少子化対策、中山間対策の取り組みを全力で進めています。

 この度、PDCAサイクルに基づき平成30年度版として総合戦略のバージョンアップを図りました。平成29年度版からの主な改定のポイントは下記のとおりです。今後、この総合戦略に基づき、官民協働、市町村との連携協調のもと、全力で取り組みを進めてまいります。

<主な改定のポイント>
【基本目標1】地産外商により安定した雇用を創出する
・第3期産業振興計画ver3の改定に合わせ、下記の基本的方向に柱立てを再整理
 1.成長に向けた「メインエンジン」をさらに強化する
  ○継続的に新たな付加価値を生み出す仕組みを意図的に構築
  ○交易の範囲のさらなる拡大
 2.成長の「壁」を乗り越える
  ○担い手の確保策の抜本強化
  ○省力化・効率化の徹底に向けたサポートの強化
 3.成長を支える取り組みを強化する
  ○起業や新事業展開の促進
  ○地域産業クラスターの形成
  ○人材育成・確保の取り組みの充実
  ○金融機関等との連携による事業戦略の策定と実行支援の強化
【基本目標2】新しい人の流れをつくる
・移住の各施策を「リーチ(届く範囲)を広げる」「アクティブに働きかける」「ゲートウェイ(受け皿)を広げる」の3つの視点で再整理
・移住促進・人材確保センターの強化など「人財の誘致」を取り組みを更新
【基本目標3】若い世代の結婚・妊娠・出産・子育ての希望をかなえる、女性の活躍の場を拡大する
・少子化対策について「ライフステージの各段階に応じた取り組みのさらなる推進」と「官民協働による少子化対策を県民運動として展開」に柱立てを組み替え、各ライフステージにおける取り組みに整理
【基本目標4】コンパクトな中心部と小さな拠点との連携により人々のくらしを守る
・集落活動センターの基幹ビジネスを確立・強化する取り組みを新たに追加
・「れんけいこうち広域都市圏」への支援を項目として追加

 

高知県まち・ひと・しごと創生総合戦略<平成30年度版>の全体像[PDF:5MB]

高知県まち・ひと・しごと創生総合戦略<平成30年度版>[PDF:9MB]

連絡先

高知県 産業振興推進部 計画推進課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整担当 088-823-9333
成長戦略担当 088-823-9049
地域産業担当 088-823-9334
地方創生担当 088-823-9335
ファックス: 088-823-9255
メール: 120801@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード