日用品の安全性に関する注意喚起について

公開日 2020年03月06日

 普段、雑貨や、子供用の玩具などの日用品を、価格を重視して購入される方も多いのではないでしょうか。消費者庁には、日用品に関する様々な事故情報が寄せられており、これまでにカプセル入りスポンジ玩具及びタトゥーシールの注意喚起を行いました。これらは主にいわゆる100円ショップ等(以下「100円ショップ」という。)で日用品として販売されているものであることから、今回、同様の店舗で販売されている製品についての事故情報と、意識調査の結果から、価格と安全性に対する考え方を明らかにしました。
 今般、消費者庁において実施した「日用品の安全性に関する意識調査」によると、男性では約4割、女性では約3割の方が、特に安全性までは考慮することなく日用品を購入していることが分かりました。さらに、高価格なものと比べて安価な日用品を購入する場合は、安全性に対する意識が低くなりがちで、「警告」、「注意」、「対象年齢」などの表示を確認することなく、衝動的に購入してしまう傾向があることが分かりました。
 また、消費者庁には、平成27年1月~令和元年12月末の5年間に100円ショップで購入した日用品に関する事故の情報が339件寄せられていることから、身近な日用品による事故を防ぐため、以下の点について、注意しておくことが大切です。

〈日用品を購入する際のアドバイス〉
 (1)安価な日用品であっても、安全性を考慮して購入するようにしましょう。
 (2)「警告」、「注意」、「対象年齢」などのひょじ表示を確認しましょう。
 (3)日用品のリコール情報に注意しておきましょう。

消費者庁ホームページ
 https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_028/

公表資料
200304日用品の安全性に関する意識調査[PDF:483KB]

 

 

連絡先

高知県 文化生活スポーツ部 県民生活課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎5階西)
電話: 消費生活担当 088-823-9653
生活安全・犯罪被害者等支援担当 088-823-9319
NPO担当 088-823-9769
ファックス: 088-823-9879
メール: 141601@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード