浦戸湾の三重防護対策について

公開日 2021年06月21日

概要


 三重防護全体図県都高知市は、高知県全体の人口の約47%の人口が集中しており、特に浦戸湾周辺には、行政機関や学校、病院などの公共施設が多数存在しています。

 今後30年以内に70~80%の確率で発生が予測される南海トラフ地震・津波に備え、地域の安心・安心を守るため、以下の3つのラインからなる「三重防護」による対策を行っています。

 (各ラインの内容と効果)

   第1ライン(第一線防波堤)  

    内容:粘り強い構造への補強等を実施

    効果:津波エネルギーの減衰、高知新港の港湾機能の保全

   第2ライン(津波防波堤・外縁部堤防等)

    内容:地盤沈降等に対応した嵩上げ、液状化対策等の実施

    効果:津波の浸入や北上の防止・低減

   第3ライン(内部護岸等)

    内容:地盤沈降等に対応した嵩上げ、液状化対策等の実施

    効果:護岸の倒壊や背後地浸水の防止

 

進捗状況  

 〇現在の各ラインの進捗状況は以下のとおりとなっています。   

       ・第1ライン    第1ライン進捗状況[PDF:2MB]

       ・第2・第3ライン 第2、第3ライン進捗状況[PDF:831KB]  

                                        

連絡先

高知県 土木部 港湾・海岸課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎5階東)
電話: 管理担当 088-823-9883
計画担当 088-823-9884
港湾建設担当 088-823-9885
海岸建設担当 088-823-9886
津波対策担当 088-823-9887
ファックス: 088-823-9657
メール: 175001@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード