介護施設・事業所等における災害時情報共有システムについて

公開日 2021年12月21日

災害時情報共有システムとは

 災害時における高齢者施設・事業所の被害状況を国・自治体が迅速に把握・共有し、被災した介護施設等への迅速かた適切な支援につなげるため、介護サービス情報公開システム(以下「情報公表システム」といいます。)に災害時情報共有機能が追加されました。

 

1 システム利用登録について

  災害時情報共有システムを利用するためには、県の利用登録が必要です。

 

 【災害時情報共有システム対象事業所】

(1)介護サービス情報公開制度における報告対象の事業所(※特定施設を除く)

    ・情報公表システムのID(介護保険制度における事業所番号)により利用することができます。

 (2)介護サービス情報公開制度における報告対象の事業所のうち介護報酬収入年額

              100万円以下の事業所

   (ア)情報公表システムによる公表を任意で行う場合は、(1)と同様、情報公表システムの介護事業所番号により利用できます。

   (イ)情報公表システムによる公表を行わず、災害時情報共有機能のみを利用する場合、当課において、被災確認対象事業所番号及び初期パスワードを発行し通知します。

(3)有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、軽費老人ホーム、生活支援ハウス

  注:(介護予防)特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護の指定の有無に関わらず、災害時の情報共有機能を利用可能にするために、当課において、被災確認対象事業所番号及び初期パスワードを発行し通知します。

 

2 災害時情報共有機能のマニュアルについて

  災害時情報共有機能の使用方法については、介護サービス情報報告システムのヘルプに掲載されています。

 ・介護サービス情報報告システムのヘルプ

 

3 災害発生時の対応について

(1)国における災害情報の登録

  ・災害発生時又は台風など災害発生の警戒を要する状況となった場合、厚生労働省は、災害時情報共有システムに、介護施設等の被害情報の報告先となる「災害情報」を登録します。(登録例:令和○年台風○号、令和○年○月豪雨)

(2)県から介護施設等に対する連絡

  ・厚生労働省から災害情報の登録連絡を受けた後、速やかに管内の介護施設等に対し、メール等により、システム上で被害状況の報告が可能となったことを連絡します。

(3)介護施設等における被害状況の報告

  ・県からの連絡を受けた後、被害状況をシステム上で報告します。

  ・報告には、システム上、全ての必須項目を選択する必要がありますが、再度報告することが可能ですので、第一報は、迅速性を最優先し、災害発生時に把握している状況に基づき、入力・報告をしてください。

    ・被害状況の報告先(介護サービス情報報告システム)

(4)県による被害情報の確認

  ・管理システムの被災状況機能を活用して管内の介護施設等の被害状況を確認し、各種支援に繋げます。

      (別紙1)災害発生時のフロー図[PDF:128KB]

    (別紙2)被災状況報告項目[PDF:127KB]

 

○ システムの操作方法の問い合わせ先

  ・災害時情報共有システムの操作方法については、介護サービス情報公表システムヘルプデスクへお問い合わせください。

   介護サービス情報公表システムヘルプデスク

   電子メール helpdesk@kaigokensaku.jp

 

○ 国通知等

 厚労省事務連絡】介護施設・事業所等における災害時情報共有システムについて_20210623[PDF:480KB]

 【厚労省事務連絡】介護サービス情報公表システム(生活関連情報)への有料老人ホームの情報公表・検索機能追加等について_20210623[PDF:239KB]

 【厚労省通知】災害発生時における社会福祉施設等の被災状況の把握等について_20210415[PDF:180KB]

 

連絡先

高知県 子ども・福祉政策部 長寿社会課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整担当 088-823-9630
介護保険担当 088-823-9681
介護事業者担当 088-823-9632
福祉・介護人材対策室 088-823-9631
ファックス: 088-823-9259
メール: 060201@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード