感染に備えた抗原検査キット・薬などの準備のお願い

公開日 2022年11月11日

新型コロナウイルスの新規感染者数は11月以降増加傾向にあり、また、今冬は新型コロナに加えインフルエンザとの同時流行が懸念されています。

いわゆる第7波では、県内の検査協力医療機関への受診が困難となったことから、第8波の流行に備え、抗原検査キットなどの備蓄をお願いします。

 

 

1.新型コロナウイルス抗原検査キットの備蓄

発熱や咳などの症状がでた場合にご自身で確認ができるよう、医薬品として承認された抗原検査キット(「体外診断用医薬品」または「第1類医薬品」の表示があるもの※)の備蓄をお願いします。

※「研究用」と称するものは、国が承認しておらず、性能等が確認されていません。

また、県下で季節性インフルエンザが流行している場合、新型コロナの抗原検査で「陰性」となった場合、季節性インフルエンザにり患している可能性があります。

新型コロナ陰性確認後、発熱外来(検査協力医療機関)以外の医療機関でも早期に必要な治療を受けられるよう、薬局等で新型コロナウイルス用の抗原検査キットを購入し常備をお願いします

 

抗原検査キットの販売場所

医薬品として承認された抗原検査キットは、薬局又は一部のドラッグストアで購入可能です。

高知県内で抗原検査キットを購入可能な薬局は、高知県薬剤師会のホームページで検索できます。

また、抗原検査キットを販売している薬局には、以下のポスターが掲示されていますので、目印にしてください。

プレゼンテーション1

 

2.解熱鎮痛薬や咳止めなどの備蓄

ご自宅で療養される場合に備え、市販の解熱鎮痛薬や咳止めなどの備蓄をお願いします。

小児(15歳以下の方)や妊婦の方などが服用できない解熱鎮痛薬もあります。購入時に薬局またはドラッグストアの薬剤師や登録販売者の方にご相談ください。

また、医療機関で薬を処方されている方は、かかりつけ医やかかりつけ薬局の薬剤師にご相談ください。

■ 市販の解熱鎮痛薬の選び方(厚生労働省)
 

 

3.食品や飲料の備蓄

新型コロナウイルス感染症に感染された方は、原則自宅内での療養を行っていただきます。

そのため、1週間分を目安として、食品や飲料などの備蓄をお願いします。

災害時に備えた食品ストックガイド(https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/foodstock/guidebook.html#01​)

 

4.陽性となった場合

備蓄している抗原検査キットで「陽性」となった場合は、次のとおり対応をお願いします。

 

a.65歳以上の方など

以下に該当する方は、検査協力医療機関(https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/130401/cov19_kensakyouryoku.html)を受診してください。

 ・65歳以上の方

 ・12歳以下の方

 ・妊婦の方

 ・呼吸器疾患など基礎疾患があり、医療機関の受診を希望する方

 ・新型コロナウイルス感染症の症状が強く、医療機関の受診を希望する方

 

b.64歳以下で、医療機関の受診が必要ない場合

高知県陽性者フォローアップセンター(https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/130401/fucenter.html)への登録をお願いします。

登録の際は、検査キットの写真などが必要となりますので、検査キットは捨てずにお持ちください。

陽性者フォローアップセンターでは、ご自宅で療養される方で体調が悪化した場合などの対応を行っています。

療養中に体調が悪化した場合は、看護師や医師に相談することができますので、検査キットで陽性となった方は登録をお願いします。

 

c.新型コロナウイルス感染症に感染した方や濃厚接触者となった方の療養期間について

新型コロナウイルス感染症に感染された方の療養期間は、原則7日間(入院中の方等は10日間)となり、また、同居家族など「濃厚接触者」に該当する方は、原則5日間の待機をお願いしています。

詳細は、以下のページをご確認ください。

 

新型コロナウイルス感染症の患者に対する療養期間等の見直しについて

■新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者となられた県民のみなさまへ

連絡先

高知県 健康政策部 健康対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: がん・企画担当 088-823-9674
難病担当 088-823-9678
感染症担当 088-823-9677
ワクチン接種推進室 088-823-9092
ファックス: 088-873-9941
メール: 130401@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード